ノート:アルベルト・ザッケローニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Zaccheroni の発音について[編集]

ザッケローニ新監督 好きな言葉は「サムライ」 (0:11 のあたり)を見たところ、ご本人が [dzakkeroni] と発音されています。--Ryota7906 2010年9月4日 (土) 11:45 (UTC)

本人の発音もそうですが、すでにメディアでは「ザッケローニ」表記で定着している[1][2]ことを重視すべきだと考えます。ベトナムは厳密にはヴィエトナム、ドストエフスキーも音声学的にはダスタィエーフスキィだ、と記事名と矛盾させてまで書き換えるのは不合理な編集です。もちろん「ツァッケローニ」表記が増えれば併記するなどもありえるでしょう--ZIPs 2010年9月4日 (土) 12:53 (UTC)
ZIPsさんのご意見に賛同します。ちなみに Google 検索の結果は
  • ザッケローニ - 約 1,570,000 件
  • ツァッケローニ - 約 99 件
  • ヅァッケローニ - 1 件
でした。--Ryota7906 2010年9月4日 (土) 13:16 (UTC)
イタリア語辞典で調べると、Zは単語の文頭では「ヅ」と発音されるようです。したがってイタリア現地の呼称では「ヅァッケローニ」が正しいと思われます。なので、世間で呼ばれる「ザッケローニ」のほうが「ヅァッケローニ」とは発音が近いと思われます。以上、老婆心からでした。--東村愛会話) 2012年6月16日 (土) 12:46 (UTC)以上のことは上記で指摘済みでしたね。お節介でしたが、イタリア語辞典で「ザッケローニ」が 「ヅァッケローニ」[dzakkeroni] と発音するのが正しく、Zは文頭以外は「ツ」と発音するのが正しいようで、思わず老婆心を抑えられませんでした。申し訳ありませんでした。--東村愛会話) 2012年6月16日 (土) 12:52 (UTC)
イタリアといっても、南北でZの発音が違う場合があるようです。北部では「ツァッケローニ」、中部・南部では「ヅァッケローニ」と発音されるようです(本人はイタリア中部出身)。でも一般的に「ザッケローニ」なので、これはこれで問題はないと思います。--森園千歳会話) 2013年12月8日 (日) 12:32 (UTC)

(インデント戻す) 報告 時間差の大きい投稿となりましたが、「人名」節を新設し、主に Zaccheroni の発音や日本語音写形について記述しました。その際、ここで議論されている内容を参考にさせていただき、一部は流用等をさせていただきました。もっとも、イタリア語方言を北部と中部・南部に大別してそれだけで語るのは単純化しすぎていると思います。記事でも書いたように、当人の出身地(メルドラチェゼナーティコ)は、マッサ=セニガッリア線(ラ・スペツィア=リミニ線)以北の西ロマーニアの一角にあたるロマーニャ語圏に属していますので、このあたりを深掘りしておいて、その上で「よく分からない」と、つまり、(現地人や言語学者なら分かっているに決まっているが ※←これは記述していません)「ウィキペディア編者(少なくとも私)には分からない」という旨の結論にしておきました。知識が足りないので…、そうとしか書きようがありませんでした。ロマーニャ語での語頭の z の発音をご存知の方がいらっしゃるなら、格好悪いこの記述を改訂していただけるのですが、いかがでしょうか、なかなか難しいとは思いますが、私としてはお待ちする以外にありません。なお、節の内容におかしな所があれば改訂してください。補完する方向でご協力いただければ幸いです。--Cyclops会話) 2018年7月13日 (金) 07:28 (UTC)

L'ortografia romagnola - Il dialetto bologneseのp.13によれば、標準イタリア語のzはロマーニャ語では/θ/または/ð/と発音されるとのことで(正確には舌先を下の歯に近づけて発音するそうで発音記号もそれぞれ上下ひっくり返した表記になっていますが、入力できないのでここでは/θ/、/ð/としておきます。w:Romagnol dialect#Consonantsも参照)、またロマーニャ語では有声音と無声音の区別が重要で、有声の/ð/と無声の/θ/の違いで語の意味が変わるとも書いてあります。
というわけで上の動画中のご本人の発音における最初の子音の発音は、当初表記した/dz/ではなく/ð/であった可能性が高そうです(当時はロマーニャ語の知識が皆無でしたのでどうも申し訳ありません)。標準イタリア語で/ts/となるものがロマーニャ語で/θ/と発音され、/s/となるものが/ʂ/と発音されることは上の動画のザッケローニ氏の発音からも確認できました。--Ryota7906会話) 2018年7月13日 (金) 15:36 (UTC)
すぐ上でいろいろと余計なことまで書いてしまいましたが、もう一度記事中の、人名について加筆された部分を読んでみたところ、ここでは語頭のZを有声音で読むか無声音で読むかを問題にしているようです。それでしたら動画で調べたかぎり、すべて語頭は有声音で発音されています[3][4][5][6][7][8][9][10]
またZacについても語頭は有声音で発音されています[11][12]
ちなみにMassimiliano (Maxx) Zaccheroniという名前のミュージシャンがいますが、この人の名前も有声音で発音されています[13]
これは憶測ですが、人名のZaccheroniの語頭を有声音で発音しているのは、無声音で発音すると、「汚れたきたない人」を意味する単語zaccherone(男性複数形zaccheroni)と混同されてしまうおそれがあるからではないかと思ったりもします。
というわけで、Zaccheroniの語頭のZを無声音で発音する可能性はおそらくないだろうというのが個人的な見解です。--Ryota7906会話) 2018年7月15日 (日) 23:23 (UTC)
Luca Mastrangeloという、フォルリ(メルドラやチェゼナーティコと同じフォルリ=チェゼーナ県)出身のスポーツジャーナリストのような人がザッケローニ氏と電話対談した動画[14](または[15])でも、ZaccheroniのZは有声音になっています。この人の発音からも、/ts, s, z/が/θ, ʂ, ʐ/となるロマーニャ語の特徴が見て取れますので、ロマーニャの人もZaccheroniのZを有声音で発音すると考えていいのではないでしょうか。--Ryota7906会話) 2018年7月18日 (水) 08:11 (UTC)
イタリア語におけるzの発音は、例外も多いですが一応ある程度の規則はあります[16]
またZac-で始まる人名や姓(英語ではsurnameですがイタリア語ではcognome)に限定して調べてみたところ、聖書の登場人物に由来するZaccaria[17](聖書ではザカリア)やZaccheo[18](聖書ではザアカイ)をはじめ、Zaccagni[19]、Zaccagnini[20]、Zaccagnino[21]、Zaccagno[22]、Zaccara[23]、Zaccardelli[24]、Zaccardi[25]、Zaccardini[26]、Zaccardo[27]、Zaccarelli[28]、Zaccari[29]、Zaccariello[30]、Zaccaroni[31]、Zaccheddu[32]、Zacchei[33]、Zacchetti[34]、Zacchi[35]、Zaccone[36]、Zacconi[37]、Zacheo[38]など、いずれもZが有声音で発音されており、無声音で発音することはないようです。Zaccheroniも含め、このような人名の語頭のZは有声音となる規則、あるいは少なくとも一定の傾向は存在すると言えそうです。--Ryota7906会話) 2018年7月23日 (月) 05:57 (UTC)

それでは上記の論点を踏まえて、せっかくお書きいただいた人名節ですが大胆に編集を加え、注釈の形で短くまとめたいと思います。--Ryota7906会話) 2018年7月31日 (火) 10:54 (UTC)

「記事破壊行為」と称してIPユーザーに差し戻されてしまいましたが、ノートで議論をしていない方に差し戻しを受けたくはありません。決して記事を破壊する目的で編集を行ったものではないことはここをお読みいただければ分かるはずです。しばらく待って何らの反応もないようであれば再び編集を行いますのでよろしくお願いいたします。--Ryota7906会話) 2018年7月31日 (火) 11:21 (UTC)

「人名」節に関して、分かりやすいように順を追ってもう少し直截的に指摘をしておきますと、

  • 「標準トスカーナ語」とあるのはウィキペディア編集者の造語でしょう(中央イタリア方言参照)。二重引用符で囲んでGoogle検索してもわずかしかヒットしません。
  • 「清音」や「濁音」は日本語の発音についての言い方であって、イタリア語の発音に関してはふつう「無声音」「有声音」と言います(言い方だけでなく概念も少し異なります)。
  • またイタリア語におけるzの発音には、上でも示したとおりある程度の規則性があります。
  • 固有名詞でも同じことで、これも上で示したとおりですが、Zac-で始まる他の人名と同様に、ZaccheroniのZの発音も、イタリア人は有声音で発音しています。
  • またイタリア語ではzが語頭にある場合、zaは/tsa/となる場合と/dza/となる場合の2通りがあります。
  • その次のロマーニャ語圏の説明は、言語学プロパーの記事ならともかく、サッカー指導者の記事にしては詳しすぎます(WP:IINFOWP:SURPLUS)。
  • インタビューなどで確認できるザッケローニ氏当人の発音では、Zは/dz/というよりは/ð/に近い音です。
  • 「外部向けの配慮あっての自称である可能性も否定できず」「国際的に情報を発信し発信される者が、地元と異なる表記や発音を自ら進んで用いたり、普及したものを受容して自らも用いるといった例は少なくない。」の部分については、そもそも独自研究の色彩が拭えませんが、かりに一般論として事実だとしても、それがザッケローニ氏にも当てはまるかについては証拠も何も提示されておりません。むしろ氏の発音音源を聞くかぎり、ロマーニャ語の発音丸出しですので、外部向けに特段の配慮をしていない可能性のほうが高そうです。
  • 上にも示しましたが、「サーネーム (surname)」は英語ないし英語風の言い方で、イタリア語ではcognomeと言います。
  • 「ツァッケローニ」「ヅァッケローニ」表記およびニックネームのZacchiについては信頼できる情報源の提示がありません。

以上、誤りを多く含むと思われるこの「人名」節については、一生懸命調査して書いていただいたことは認めますが、この文章そのままの掲載には否定的態度を取らざるを得ないということです。ご理解いただけますでしょうか。--Ryota7906会話) 2018年7月31日 (火) 12:23 (UTC)--Ryota7906会話) 2018年7月31日 (火) 12:36 (UTC)--Ryota7906会話) 2018年7月31日 (火) 21:05 (UTC)

それでは異論等ございませんので予告通り編集することにいたします。説明責任を果たされない方による性急な編集はくれぐれもお控えくださいますようお願いいたします。--Ryota7906会話) 2018年8月8日 (水) 10:31 (UTC)