ノート:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ナビゲーションに移動 検索に移動

あらすじ[編集]

「あらすじ」の表現がくどいように感じます。20~30%ほど分量を減らして、わかりやすく出来ないでしょうか? --218.216.145.132 2014年5月3日 (土) 22:12 (UTC)

「俺ガイル」は「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」に転送すべきではないのでは?[編集]

「俺ガイル」は「俺がいる」という言葉とゲーム「ストリートファイターⅡ」シリーズに登場する人物「ガイル」をかけた2ちゃんねる用語の一種なので、「俺ガイル」を「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」に転送するのはよくないと考えます。--Kazu selen会話) 2018年3月4日 (日) 10:24 (UTC)

内容過剰についての問題点と添削案[編集]

文章量[編集]

先ず、比企谷八幡の紹介だけで2500文字以上書かれています。 これがラノベの主人公紹介として妥当な長さであるかは解りませんが、例えばこれはWikipediaにおける映画記事でのあらすじの適正・指針とされる1500~2500文字に相当する長さです。参考:プロジェクト:映画/映画作品スタイルガイド

過剰にして冗長[編集]

プロジェクト:ライトノベル」には推奨されない書き方として”要約されておらず内容が詳細すぎる、マニアックな情報や瑣末な描写を書き連ねるなど、冗長な記述。”の説明があります。

これも例として、比企谷八幡の紹介を挙げて説明します。

  • ”雪乃からは「比企谷君」(中略)戸部・海老名からは「ヒキタニ君」と呼ばれている。”

先ず、この行は必要でしょうか。特筆に価するような呼び名か恋人などの特殊な関係からのものだけで良いのではと思います。

  • 幼少時からずっと(中略)誇りにさえしている。
  • 静には「純粋すぎる」と評され(中略)皮肉を言われたりしてる。

この部分なども冗長で、例えば以下の文が適切かは自分では判断しかねますが、あくまで例として半分ほどにしてみました。

幼少時から友達ができず、周囲に存在を軽んじられ、裏切られたりしたなどの経験からトラウマを抱えており、他人からの好意を信じられず、特に女子に対して強い警戒心と猜疑心を抱いている。長年人の醜い部分を見てきたため、その洞察力に優れ、表面的な現象や世俗的な正義のみにとらわれることがない。現在では友達を作ることを諦めて「ぼっち」であることを誇りにさえしている。
静には「純粋すぎる」と評され、建前と同情による交友関係を嫌い否定的で、純粋な友情を尊む。自分自身の他人に対する期待や評価が外れていると例え対象の人物が不誠実で自分が不利益を被っても「自分のイメージの押しつけであり自業自得」と割り切って自己嫌悪するなどの内罰的なところがある。また、他人の自身に対する感情には疎く、結衣の好意などに気付いておらず、陽乃からは”自意識の怪物”という皮肉を言われている。

恐らく全体的に半分以下に添削可能だと思いますが、如何でしょうか。--デタラメ歯車会話) 2019年5月24日 (金) 03:07 (UTC)

できる範囲で編集してみました。まだまだ改善の余地はあると思います。編集される方は、ご協力のほどお願いします。--デタラメ歯車会話) 2019年6月11日 (火) 03:58 (UTC)