ノート:おしなそば

    記事の削除について[編集]

    意図せずとも宣伝のためと言われてしまえば、そのように受け取れてしまうのもやむを得ず。Gahukuroさんより、料理として最近完成し、まだ名物にすらなっていないものを宣伝するために記事を作るのはおやめください。というご指摘と関係者の編集は相応しいくないと忠告をいただきましたので以下について削除します。編集に携わっていただいた皆様、誠にありがとうございました。

    概要[編集]

    長野県諏訪市産の上野大根と信州諏訪産の味噌で信州産のそばを食す(そばの提供方法) 過去に、信州諏訪みそ天丼を考案した諏訪商工会議所賑わい創出プロジェクト資源開発部会が発案。2020年から上野大根の栽培や試食会、テスト販売を経て、2022年11月16日関係者により「おしなそば」と命名。 おしなそばのロゴ(商願2022-130750) 同部会ではコロナ禍を自らの力で乗り切ろうと、「食」切り口に賑わいを取り戻そうと飲食店や製麺会社の女性3名が考案し、メニュー開発に着手。歴史研究家や農家、行政、味噌醸造家など多様なメンバーを巻き込み研究開発を行っている。諏訪市四賀の仏法紹隆寺に伝わる江戸時代の古文書に、高島藩主をもてなす献立としてそばにみそや大根おろしなどを添えて提供した記録があるという点に着目した。辛味が強く通常はたくあん漬けに利用されている伝統野菜・上野大根を使ったそばの提供について研究を重ねてきた。辛味大根のしぼり汁にみそを溶かして食べる食べ方は伊那市の高遠そばなどにあるため、伊那市の信州そば発祥の地伊那そば振興会も視察した。

    つけ大根としての流通ルートしかない上野大根については、資源開発部会メンバーが生産者組合の指導・協力を受け、種まきから収穫、各店の配送まで担っている。テスト販売や食べた人へのアンケートも実施。試作やテスト販売の段階では、だし汁にみそを溶き大根おろしを載せたそばにかけていたが、アンケート結果などから、薄めたそばつゆにみそを溶かすスタイルに修正した。

    新たなメニュー名称については、多くのアイデアがある中、蕎麦の歴史や地域の特色を研究する中で、最終的に「おしなそば」とした。江戸時代に信州諏訪で提供していたそば湯を「おしな湯」と呼び、それが江戸市中に広がったことなどを参考として命名した。

    上記記事の他、画像2点について削除します。よろしいでしょうでしょうか?--中山敏郎会話) 2022年11月22日 (火) 12:46 (UTC)返信[返信]

    開発及び命名の出典について[編集]

    「おしなそば」を諏訪市の新たなご当地グルメに 上野大根のおろしと焼きみそで召しませ(信濃毎日新聞デジタル 閲覧2022-11-24)--中山敏郎会話) 2022年11月24日 (木) 00:50 (UTC)返信[返信]

    開発中における取り組みの出典について[編集]

    上野大根とみそで味わう信州そばのテスト販売実施(日本商工会議所地域最前線 2022-11-24閲覧)

    上野大根と地元のみそで「新名物に」 諏訪のそば、売り出し中(信濃毎日新聞 2022-03-17)

    藩主がたべた?名物そば試験販売(長野日報 2022-3-19)

    「上野大根」とみそ味わうそば(長野日報2021-12-18)

    焼きみそと辛味の上野大根で味わう諏訪の名物そば開発へ(長野日報 2021-9-2)

    「上野大根」おろし諏訪特産生かした「つゆ」みそ マイルドな辛み そばの「お供」に(信濃毎日新聞 2021-9-2)

    上野大根で名物そばを 長期提供向け栽培実験(諏訪市民新聞 2021-9-2)--中山敏郎会話) 2022年11月24日 (木) 01:19 (UTC)返信[返信]

    上野大根に関する出典について[編集]

    ひとつ抜けた辛さと歯ごたえ。「諏訪湖姫」今昔物語(JA長野 2022-11-24閲覧)

    「おいしい信州ふーど」図鑑(2022-11-24閲覧)

    上野大根の漬け込みの季節です!(2022-11-24閲覧)--中山敏郎会話) 2022年11月24日 (木) 01:27 (UTC)返信[返信]

    販売開始について[編集]

    上野大根×みその新メニュー「おしなそば」そばの上に大根おろしがたっぷり 諏訪地域の新名物に(長野放送-2022-12-1放送 FNNプライムオンライン[1])--中山敏郎会話) 2022年12月2日 (金) 03:14 (UTC)返信[返信]