ニジネヴァルトフスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニジネ・ヴァルトフスク市市章
Nizhnevartovsk, lake Kymyl area.jpg

ニジネヴァルトフスクロシア語: Нижневартовск)は、ロシア連邦ハンティ・マンシ自治管区の都市。人口は240,100人(2005年)。

オビ川の右岸に1909年に埠頭が建設されたのを端緒とする。1960年代に自治管区内で石油の採掘が始まって以降、発展を遂げ、1972年に都市に指定された。

現在では、西シベリアの採油の中心的な都市である。ロシア連邦内で最も豊富に石油を産し、その産出量は連邦全体の産出量の50%に及ぶ。そのため、連邦内でも最も裕福な都市の一つとされる。

鉄道が通るほか、河港や国際空港もある。

は毎年-50°Cまで気温が下がり、町は氷や雪の彫刻で飾られる。一方、の気温は35°Cにもなり、避暑のために郊外で過ごす市民も多い。

住民[編集]

住民はロシア人(65.59%)、タタール人(9.66%)、ウクライナ人(8.34%)など。そのほか、バシキール人(3.61%)、アゼルバイジャン人(2.03%)、ベラルーシ人(1.43%)、チュヴァシ人(1.03%)などが暮らす。

リンク[編集]