コンテンツにスキップ

ニジトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニジトカゲ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊椎動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: アガマ科 Agamidae
亜科 : アガマ亜科 Agaminae
: アガマ属英語版 Agama
: ニジトカゲ A. agama
学名
Agama agama
Linnaeus, 1758
和名
レインボーアガマ

ニジトカゲ

英名
Red-headed rock agama
Rainbow agama

ニジトカゲ[1]またはレインボートカゲ[2]学名: Agama agama)は、サブサハラアフリカの大部分で見られるアガマ科トカゲである。学名の "Agama" はスラナン語グベ語群でトカゲを意味する。

記述

[編集]

体長は13から30 cmで[3]、しばしば日中に日光浴している姿が見られる。繁殖期には、オスの頭、首、尾の色は明るい橙色に変化し、体は暗い青色になる。繁殖期以外には、オスの色は地味な茶色である。メスと子供は常に目立たない模様である。岩や壁を登る姿も見られる。主な餌は昆虫である。

オスは縄張りを持ち、小型から中型の縄張りを他の成熟したオスから守る。子供とメスは侵略のない縄張りの中に暮らす。成熟したオス同士が戦う時は、首を激しく縦に振り、仰け反り、側方に飛び跳ね、尾をぶつける。敗者は縄張りから追い出される。繁殖期には、オスはメスを引きつけるために「腕立て伏せ」をする。

種名は、かつては分類の側系統群の集合に対して与えられたが[4][5]、ミトコンドリアDNAの分析はそれらが個別の種であることを示した。かつて3つの亜種とされていたA. a. africanaA. a. boensisA. a. mucosoensisは、現在では別々の種と考えられており、A. a. savattieriA. africanaシノニムであると考えられている[6]

出典

[編集]
  1. ^ 窪田金次郎「Agama agama ニジトカゲの発生」『熱帯』第3巻第11号、1968-1969、10-13頁、doi:10.14876/tmh1968.3.11_10 
  2. ^ 平嶋義宏『生物学名辞典』東京大学出版会、2007年、23頁。ISBN 978-4130602150 
  3. ^ Burton, Maurice and Robert Burton. (2002). International Wildlife Encyclopedia, 3rd edition. New York: Marshall Cavendish Corp. p.30.
  4. ^ Leache, A.D. et al. (2009). Phylogeny of the genus Agama based on mitochondrial DNA sequence data. Bonner zoologische Beitrage 56(4) 273-78.
  5. ^ Mediannikov, O., Trape, S. and Trape, J-F. (2012). A Molecular Study of the Genus Agama (Squamata: Agamidae) in West Africa, with Description of Two New Species and a Review of the Taxonomy, Geographic Distribution, and Ecology of Currently Recognized Species. Russian Journal of Herpetology 19(2).
  6. ^ Agama, The Reptile Database

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]

関連文献

[編集]
  • Spawls, S., et al. (2006). Reptiles and Amphibians of East Africa Princeton: Princeton University Press.