ニコラ・ブリオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラ・ブリオー

ニコラ・ブリオー(Nicolas Bourriaud, 1965年 - )は、かつて[1]フランスのパリ国立高等美術学校(ボザール)でディレクターを務めた人物[2]

1999年から2006年にかけて、ジェローム・サンス英語版とともに、パレ・ド・トーキョーの共同創設者・共同ディレクターを務めた。現代アートを扱う雑誌『Documents sur l'art』(1992年〜2000年)の創刊者・ディレクターでもあった。1987年から1995年まで、『Flash Art』のパリ担当記者だった。ブリオーは2008年から2010年の間、ロンドンのテート・ブリテンでグルベンキアン現代アートキュレーターを務め、2009年に「Altermodern」というタイトルで第4回テート・トリエンナーレをキュレーションした[3]

著書について[編集]

ブリオーは英語圏の読者の間では『関係性の美学』(1998年、英語版2002年)と『ポストプロダクション』(2001年)で最もよく知られている。特に『関係性の美学』は決定的に重要なテクストだと考えられており、1990年代初期にヨーロッパに登場した世代の手による広範なアート作品を定義づけるものだとされる。ブリオーは「リレーショナル・アート」という概念を1995年に考案し、フランス・ボルドーにある現代アート美術館CAPCで行われた「Traffic」という展示のカタログで発表した。

『ポストプロダクション』(2001年)にて、ブリオーはDJと現代アートを関連付けて論じた。DJが音楽に対して行う操作をリストアップし、それらを現代アートの実践に関係づけたのである。

著書[編集]

  • Playlist. Paris: Palais de Tokyo: Editions cercle d'art, 2004. ISBN 2-7022-0736-7
  • Relational Aesthetics. Paris: Presses du réel, 2002. ISBN 2-84066-060-1
  • Postproduction: Culture as Screenplay: How Art Reprograms the World. New York: Lukas & Sternberg, 2002. ISBN 0-9711193-0-9. Translated by Jeanine Herman.
  • Touch: Relational Art from the 1990s to Now. San Francisco: San Francisco Art Institute, 2002.
  • Formes de vie. L’art moderne et l’invention de soi. Paris: Editions Denoël, 1999. ISBN 2-207-25501-8
  • The Radicant , Sternberg Press, 2009. ISBN 978-1-933128-42-9. Translated by James Gussen and Lili Porten.
  • Radikant. Berlin: Merve, 2009. ISBN 978-3-88396-251-1
  • Altermodern. Tate, 2009. ISBN 978-1-85437-817-0

キュレートした展示[編集]

  • Courts Métrages Immobiles, Venice Biennale, 1990
  • Aperto '93, Venice Biennale, 1993
  • Commerce, Espace St Nicolas, Paris, 1994
  • Traffic, Capc Bordeaux, 1996
  • Joint Ventures, Basilico Gallery, New York, 1996
  • Le Capital, CRAC Sète, 1999
  • Contacts, Kunsthalle Fri-Art, Fribourg, Switzerland, 2000
  • Négociations, CRAC, Sète, 2000
  • Touch, San Francisco Art Institute, 2002
  • GNS (Global Navigation System), Palais de Tokyo, Paris, 2003
  • Playlist, Palais de Tokyo, Paris, 2004
  • Notre Histoire, Palais de Tokyo, Paris, 2006
  • Moscow Biennale, 2005 and 2007 (with Backstein, Boubnova, Birnbaum, Obrist, Martinez)
  • Estratos, Murcia, 2008.
  • The Tate Triennial 2009: Altermodern, Tate Britain, London, 2009
  • "Athens Biennial 2011 : Monodrome".
  • "The Angel of history", Palais des Beaux-arts, Paris, 2013.
  • "Cookbook", Palais des Beaux-arts, Paris, 2013.
  • Taipei Biennial 2014, "The Great acceleration".
  • Kaunas Biennial 2015, "Threads : a fantasmagoria about distance".

脚注[編集]

外部リンク[編集]