ニコラウス・ロドカナキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニコラウス・ロドカナキス(Nikolaus Rhodokanakis, 1876年4月8日アレクサンドリア - 1945年12月30日グラーツ)は、ギリシア系オーストリア人東洋学者。

ウィーン大学南アラビア文明を専門に学び、セム語を専攻し1904年私講師となった。

1903年と1904年にオスマン帝国エジプトに逗留し、コンスタンティノープル大学カイロ大学南アラビア語を学んだ。

主要著書[編集]

多くの著作のうち以下をとくに挙げる:

  • Die äthiopischen Handschriften der k. k. Hofbibliothek zu Wien, Vienna, In Kommission bei A. Hölder, 1906.
  • Der volgärarabische dialekt im Dofâr (Zfâr), Vienna, A. Hölder, 1908-1911.
  • Studien zur Lexicographie u. Grammatik des Altsüdarabischen, Vienna, 1931.
  • Die Inschriften an der Mauervon Koḥlān-Timnaʿ, Vienna, Akademie der Wissenschaften in Wien, Philosophische-historische Klasse, Sitzungsberichte, 200 Band, 2. Abhandlung.

参考文献[編集]

  • F. Lochner v. Hüttenbach, Österreichisches Biographisches Lexikon und biographische Dokumentation, ÖBL 1815-1950, Bd. 9 (Lfg. 42, 1985), S. 113f., Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Vienna, 2003–2015.