ニコライ・ジリャーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニコライ・セルゲーイェヴィチ・ジリャーイェフNikolay Sergeyevich Zhilyayev, 1881年11月18日1938年1月20日)はロシア帝国末期からソビエト連邦建国期にかけて活躍した音楽学者教育者大粛清の犠牲となった。

1904年ごろにモスクワ音楽院ミハイル・イッポリトフ=イワノフセルゲイ・タネーエフに師事。自らもモスクワ音楽院の教員となり、アレクセイ・スタンチンスキーアナトーリー・アレクサンドロフサムイル・フェインベルクのほか、アラム・ハチャトゥリアンエフゲニー・ゴルベフらを輩出した。

ロシア音楽科学アカデミーや国立音楽科学研究所の研究員となった。多くの研究論文を遺している。

1937年11月3日に逮捕され、翌1938年1月20日に銃殺刑に処された。1961年4月に名誉回復された。

参考文献[編集]

  • Mikhail Mishchenko: 'Zhilyayev, Nikolay Sergeyevich', Grove Music Online ed. L. Macy (Accessed 2 June 2007), <http://www.grovemusic.com>
  • A. Eaglefield-Hull (ed), A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924)

外部リンク[編集]