ニコライ・カプースチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン
Николай Гиршевич Капустин
別名 Микола Гіршович Капустін
生誕 (1937-11-22) 1937年11月22日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ドネツィク州 ホールリウカロシア語版[1]
死没 (2020-07-02) 2020年7月2日(82歳没)
ロシアの旗 ロシア モスクワ[2]
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル 近代音楽
職業 作曲家ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル メロディア、TRITON

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン[3]英語: Nikolai Girshevich Kapustinロシア語: Никола́й Ги́ршевич Капу́стин1937年11月22日[1] - 2020年7月2日[2][4])は、ウクライナ出身のロシア作曲家ピアニストミュージシャン[5]

略歴[編集]

ホールリウカロシア語版出身。1937年11月22日生まれ[1]。両親は、ベロルシア出身のグリゴリー・エフィーモヴィチ・カプースチンとロシア出身のクラウディア・カプスティーナ。第二次世界大戦のはじめ、4歳の時ニコライは、母親、姉フィーラ(1931生まれ)と祖母とともにキルギスに疎開。1941年から1943年までの2年間、トクマクに住んだ。ニコライの父親は従軍していたが、第二次世界大戦が終わり、1945年の夏に帰国した[6]。ニコライは7歳でピョートル・ヴィニチェンコ[7]のレッスンで、ピアノをはじめる。ヴィニチェンコはヴァイオリニストでピアノも教えた。ヴィニチェンコから姉はヴァイオリンのレッスンを受け、ニコライはピアノのレッスンを受けた。1949年からリュボーフィ・フランツーゾヴァ[8]にピアノを師事する。14歳の時にモスクワに移り住み、モスクワ音楽院附属の音楽学校 (Академическое музыкальное училище при Московской государственной консерватории имени П. И. Чайковского) でアヴレリアーン・ルッバーフ[9]に、モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事する[10]。在学中にラジオ放送ボイス・オブ・アメリカで聴いたジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるようになる[11]

1961年モスクワ音楽院を卒業した後、1972年まで11年間にわたって、ソビエト連邦中をオレーク・ルントストレム英語版が率いる国立ジャズ音楽室内管弦楽団 (Государственный камерный оркестр джазовой музыки) の一員として旅行する。1972年から1977年までヴァジーム・リュドヴィコフスキーロシア語版のソビエト連邦テレビラジオ軽音楽管弦楽団に、1977年から1984年までロシア国立映画交響楽団 (Российский государственный симфонический оркестр кинематографии) に参加した。アンサンブルではサクソフォーン奏者のゲオルギー・ガラニャン英語版アレクセイ・ズーボフフランス語版、ギター奏者のアレクセイ・クズネツォフ英語版らと共演した[1]1980年にはチャイコフスキー記念コンサートホールロシア語版で自作のピアノ協奏曲第2番を演奏している。1984年に映画交響楽団を退いてからは、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念し、多数の作品を生み出し続けた[11]。長期間の闘病ののちに2020年7月2日にモスクワで亡くなり、同年7月6日にモスクワ郊外で告別式が行われた[4]

作品番号は161を数える[2]作曲家としては長らく無名の時代が続いたが、ニコライ・ペトロフマルカンドレ・アムランスティーヴン・オズボーン英語版などの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が次第に知られるようになった。日本国内で販売されている自作自演のCDも好評を得ており、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高い。楽譜も多数出版されている。

なお、自作のレコーディング活動については2004年に一度引退を表明したが、2008年に再びCDをリリースして復帰した。出版社はムジカ、プリズム、全音楽譜出版社ショットと複数を渡り歩いた。

作風[編集]

ジャズとクラシックを融合した独特の作風を持つのが彼の最大の特徴である。年代的には現代音楽に属する作曲家であるが、実験的なものではなく、あくまで聴き手を意識した曲を書いている。

また、本人が優れたピアニストであることから、高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲している。こういったことに由来し、彼の音楽は非常に高い演奏効果を有し、演奏会向きといえる。

主な作品[編集]

管弦楽曲[編集]

協奏曲[編集]

協奏曲に類似する作品も含む。

作品タイトル 作曲年 備考
ピアノ協奏曲第1番 作品2 1961
ピアノ協奏曲第2番 作品14 1974
ピアノ協奏曲第3番 作品48 1985
ピアノ協奏曲第4番 作品56 1989
ピアノ協奏曲第5番 作品72 1993
ピアノ協奏曲第6番 作品74 1993
ピアノ小協奏曲 作品1 1957
ピアノとジャズバンドのための変奏曲 作品3 1962
ピアノと管弦楽のためのトッカータ 作品8 1964
ピアノと管弦楽のための間奏曲 作品13 1968
ピアノと管弦楽のための夜想曲 作品16 1972
ピアノと管弦楽のための練習曲 作品19 1974
ピアノと管弦楽のための夜想曲 作品20 1974
ピアノと管弦楽のための演奏会用狂詩曲 作品25 1976
ピアノと管弦楽のためのスケルツォ 作品29 1978
ピアノとヴァイオリンのための協奏曲 作品105 2002
2台のピアノと管弦楽のための小品 作品33 1982
ヴァイオリン協奏曲 作品141 2009
チェロ協奏曲第1番 作品85 1997
チェロ協奏曲第2番 作品103 2002
コントラバス協奏曲 作品76 1994
アルトサクソフォン協奏曲 作品50 1987
5本のサクソフォンと管弦楽のための小品 作品22 1975
トランペットと管弦楽のための小品 作品5 1962

室内楽曲[編集]

  • 11人の奏者のための協奏曲 作品90
  • 弦楽四重奏曲第1番 作品88
  • 弦楽四重奏曲第2番 作品132
  • ピアノ三重奏曲第1番 作品136
  • ピアノ三重奏曲第2番 作品142
  • ピアノ五重奏曲 作品89
  • ヴァイオリンソナタ 作品70
  • ヴィオラソナタ 作品69
  • チェロソナタ第1番 作品63
  • チェロソナタ第2番 作品84
  • フルート、チェロとピアノのための三重奏曲 作品86
  • フルートソナタ 作品125

ピアノ曲[編集]

作品タイトル 作曲年 備考
古典様式による組曲 作品28 1977
ピアノソナタ第1番 作品39 1984
8つの演奏会用練習曲 作品40
24の前奏曲 作品53 1988
ピアノソナタ第2番 作品54 1989
ピアノソナタ第3番 作品55 1990
10のバガテル 作品59 1991
ピアノソナタ第4番 作品60
ピアノソナタ第5番 作品61
ピアノソナタ第6番 作品62
ピアノソナタ第7番 作品64
3つの即興曲 作品66
ピアノソナタ第8番 作品77 1995
ピアノソナタ第9番 作品78
ピアノソナタ第10番 作品81 1996
24の前奏曲とフーガ 作品82 1997
ソナチネ 作品100 2000
ピアノソナタ第11番 作品101
ピアノソナタ第12番 作品102 2001
ピアノソナタ第13番 作品110 2003
ピアノソナタ第14番 作品120 2004
ピアノソナタ第15番 作品127 2005
ピアノソナタ第16番 作品131 2006
ピアノソナタ第17番 作品134 2008
ピアノソナタ第18番 作品135
ピアノソナタ第19番 作品143 2011
ピアノソナタ第20番 作品144

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Grigoryeva 2001.
  2. ^ a b c nikolai.kapustin.357の投稿(728313244629110) - Facebook
  3. ^ 日本語では、カプスチン、カプスティンとも表記される。
  4. ^ a b ニコライ・カプースチンさん死去 ロシアの作曲家、ピアニスト」『時事ドットコム』、2020年7月6日。2020年7月7日閲覧。
  5. ^ Nikolai Kapustin”. en.schott-music.com. 2018年11月20日閲覧。
  6. ^ Интервью Яны Тюльковой (9 июля, 2014 год) http://www.nikolai-kapustin.info/biography.html
  7. ^ Пётр Иванович Винниченко
  8. ^ Любовь французова
  9. ^ Аврелиан Григорьевич Руббах (1896-1976)
  10. ^ Roberts 2013, pp. 15-24.
  11. ^ a b 川上 2007.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]