ナーラーヤン内垣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナーラーヤン内垣(ナーラーヤンうちがき、Narayan Uchigaki1924年 - 2012年)は、宗教・哲学・神話学の研究者、平和活動家、詩人である。大阪高槻市とアメリカのカリフォルニア州に研究所を持つ。神道系の世界観に、仏教、西洋哲学、アインシュタインの科学、ラーマクリシュナの教え、光速瞑想、民主主義を導入した思想を説いた。内垣日親(うちがき・にっしん)とも呼ぶ。

日本ヴェーダンタ・ソサイティの創立者。

著作[編集]

  • 『仏陀再誕:大聖ラーマクリシュナの生涯』 ヴェーダーンタ文庫
  • 『グルへの道』 ヴェーダーンタ文庫
  • 『ピュアー文明の到来』 ヴェーダーンタ文庫
  • 『光速瞑想』 ヴェーダーンタ文庫
  • 『詩集:神笛』 ヴェーダーンタ文庫
  • 『スリー・ナーラーヤン内垣全集第一巻:超宗教・神話は幾何学である』
  • 『スリー・ナーラーヤン内垣全集第二巻:超宗教・神話は幾何学である』
  • 『スリー・ナーラーヤン内垣全集第三巻:21世紀はひびき人間』
  • 『スリー・ナーラーヤン内垣全集第四巻:神の面相』
  • Transparent Reality (英文書籍:『神の面相』の翻訳書)
  • その他多数

参考書籍[編集]

  • ナーラーヤン内垣 『グルへの道』
  • ナーラーヤン内垣 『ピュアー文明の到来』
  • ナーラーヤン内垣 『全集・第一巻』
  • ナーラーヤン内垣 『全集・第二巻』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]