ナーナー・サーヒブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナーナー・サーヒブ

ナーナー・サーヒブ (Nana Sahib, 1824年5月19日 - 没年不明)は、インドマラーター王国の宰相だったバージー・ラーオ2世の養子[1]。 本名はドゥーンドゥー・パント

生涯[編集]

1824年5月19日、ナーナー・サーヒブはビトゥールで生まれた[2]

1827年マラーター王国の最期の宰相だったバージー・ラーオ2世の養子となった。彼は第三次マラーター戦争で敗北したのち、ビトゥールに追放されていた。

ナーナー・サーヒブの若いころはあまりよくわかっていないが、この間にターンティヤー・トーペーアズィームッラー・ハーンなどの優れた部下を集めた。また、ラクシュミー・バーイーともこのころに知り合ったとされる。

1851年1月、養父バージー・ラーオ2世が死亡した。だが、彼に支給されていた年額80万ルピーの年金は「失権の原理」により打ち切られ、その相続は否定された。このことから彼はイギリスに恨みを持つようになった。

1857年5月、インド大反乱が勃発すると、6月5日にナーナー・サーヒブも蜂起し、翌日に1500の兵でカーンプルを占拠した[3]

だが、同年7月にカーンプルが奪還され、その後の再奪還にも失敗したのち、11月を境にその消息を絶った。

脚注[編集]

  1. ^ ガードナー『イギリス東インド会社』、p.357
  2. ^ Wolpert, Stanley. A New History of India (3rd ed., 1989), pp. 226–28. Oxford University Press.
  3. ^ Brock, William (1857). A Biographical Sketch of Sir Henry Havelock, K. C. B.. Tauchnitz. http://books.google.com/?id=GZEDAAAAQAAJ 2007年7月12日閲覧。. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]