ターンティヤー・トーペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ターンティヤー・トーペー

ターンティヤー・トーペー (Tantya Tope, 1814年 - 1859年4月18日)は、インドマラーター王国の宰相だったバージー・ラーオ2世の養子ナーナー・サーヒブの武将だった人物。インド大反乱の指導者の一人でもある[1]ターティヤー・トーペー(Tatya Tope)とも呼ばれる。本名はラーマチャンドラ・パーンドゥラング・トーペー

生涯[編集]

ターンティヤー・トーペーの兵士

1814年、ターンティヤー・トーペーはナーシク方面の街イェーオラーに生まれた。 なお、彼の家系はバラモンであった[2]

時期は不明ながら、マラーター王国最後の宰相バージー・ラーオ2世の養子ナーナー・サーヒブに仕えるようになった。

1851年、バージー・ラーオ2世が死亡したのち、ナーナー・サーヒブは失権の原理により、イギリスから年金の支払いを相続することを拒否された。これにより、ターンティヤー・トーペーはナーナー・サーヒブとともにイギリスに敵対することとなった。

1857年5月、ナーナー・サーヒブとともにビトゥールで蜂起し、カーンプルを占領した。ナーナー・サーヒブが行方不明になったのちは、ゲリラ戦を展開した。

1859年4月7日、ターンティヤー・トーペーは裏切りにあって捕えられた。そして、同月18日にシヴプリーで処刑された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Tantia Topi”. Tantia Topi | biography - Indian rebel leader | Encyclopedia Britannica. Encyclopedia Britannica (2014年12月19日). 2014年12月19日閲覧。
  2. ^ Tantia Topi”. Tantia Topi | biography - Indian rebel leader | Encyclopedia Britannica. Encyclopedia Britannica (2014年12月19日). 2014年12月19日閲覧。
  3. ^ Tantia Tope”. Indian Child. indianchild.com (2014年12月19日). 2014年12月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • ブライアン・ガードナー、浜本正夫訳 『イギリス東インド会社』 リブロポート、1989年。 
  • Caleb Wright (1863). Historic Incidents and Life in India. J. A. Brainerd. p. 239. ISBN 978-1-135-72312-5. http://books.google.com/?id=umULAAAAIAAJ. 

関連項目[編集]