ナーシルッディーン・ヌスラト・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナーシルッディーン・ヌスラト・シャー
トゥグルク朝対立君主
Nusrat Shah Tughlaq.jpg
ナーシルッディーン・ヌスラト・シャーのコイン
在位 1394年 - 1398年

死去 1398年
王朝 トゥグルク朝
テンプレートを表示

ナーシルッディーン・ヌスラト・シャー(Nasir-ud-Din Nusrat Shah, 生年不詳 - 1398年)は、北インドデリー・スルターン朝トゥグルク朝の対立君主(在位:1394年 - 1398年)。第4代君主のギヤースッディーン・トゥグルク2世の弟にあたる。

生涯[編集]

1394年トゥグルク朝の君主アラー・ウッディーン・シカンダル・シャーが死亡し、弟のナーシルッディーン・マフムード・シャーが継承した[1]

だが、これに反対する貴族らはマフムード・シャーの甥ナーシルッディーン・ヌスラト・シャーを擁立し、宮廷は二分されるところとなった[1]。マフムード・シャーはデリーを、ヌスラト・シャーはフィールーザーバードをそれぞれ支配し、争いを繰り広げた[1]

1398年、ヌスラト・シャーはティムールのインド侵略のあった年に死亡している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.148

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目[編集]