アラー・ウッディーン・シカンダル・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラー・ウッディーン・シカンダル・シャー
トゥグルク朝第7代君主
在位 1394年

死去 1394年
王朝 トゥグルク朝
父親 ナーシルッディーン・ムハンマド・シャー
テンプレートを表示

アラー・ウッディーン・シカンダル・シャー(Ala ud-Din Sikandar Shah, 生年不詳 - 1394年)は、トゥグルク朝の第7代君主(在位:1394年)。第6代君主ナーシルッディーン・ムハンマド・シャーの息子。

生涯[編集]

1394年、父ナーシルッディーン・ムハンマド・シャーが死んだために即位した。

だが、同年にシカンダル・シャーも死亡し、ナーシルッディーン・マフムード・シャーが継いだ。

だが、間もなく宮廷勢力が2派に分かれ、一方はマフムード・シャーを、もう一方はナーシルッディーン・ヌスラト・シャーを擁立して抗争を始めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.148

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 

関連項目[編集]

先代:
ナーシルッディーン・ムハンマド・シャー
トゥグルク朝の君主
1394年
次代:
ナーシルッディーン・マフムード・シャー