ナーガパッティナム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナーガパッティナム県は、インド南部のタミル・ナードゥ州に属する30の市県の一つ。県庁所在地はナーガパッティナム

概要[編集]

ナーガパッティナム県はタミル・ナードゥ州の東部に位置し、パーンディッチェーリ連合区に属するカーライッカールが県を南北に分断している。

北側にカダルール県、西側にティルヴァールール県およびタンジャーヴール県と接し、南側はポーク海峡、東側はベンガル湾で海となっている。

県の中心都市であるナーガパッティナムは南側であり、チェンナイまで約350kmである。古くはポルトガル人などから「コロマンデル (Coromandel)」と呼ばれた地域に属している。

1981年タンジャーヴール県から分離した。1997年には西部がティルヴァールール県として分離した。ナーガパッティナム県の人口は約150万人である。

文化[編集]

宗教[編集]

県民の大多数がヒンドゥー教徒であり、8%程のイスラーム教徒が続く。キリスト教も広まっており、教会も建てられている。また僅かながら仏教徒シク教徒ジャイナ教徒も居住している。

ナーガパッティナム県にも数多くのヒンドゥー教の寺院があり、中でもナーガパッティナム近郊のスンダララージャン・ペルマール寺院が有名である。

行政区分[編集]

ナーガパッティナム県は、以下の7つの郡 (taluk) に区分けされている。

外部リンク[編集]