ナクベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナクベ
ナクベの位置(グアテマラ内)
ナクベ
遺跡の位置
所在地 グアテマラペテン県
座標 北緯17度40分47.7秒 西経89度50分6.6秒 / 北緯17.679917度 西経89.835167度 / 17.679917; -89.835167座標: 北緯17度40分47.7秒 西経89度50分6.6秒 / 北緯17.679917度 西経89.835167度 / 17.679917; -89.835167
種類 定住地
歴史
時代 先古典期
文化 マヤ

ナクベ(Nakbe)は、グアテマラペテン県北部、ミラドール盆地にある古代マヤの遺跡。

エル・ミラドールと並ぶ、非常に大きな先古典期の遺跡である。

遺跡[編集]

ナクベはエル・ミラドールの約12キロメートル南東に位置し、エル・ミラドールとはサクベで結ばれている[1]

ナクベという名前は1962年に遺跡を訪れたイアン・グレアムによって命名された。「サクベのそば」という意味だという[2]

紀元前1000-800年に定住が始まり、紀元前800-400年に早くも石造建造物が発達した[1]

遺跡は東西2つのグループに分かれ、両者の間はサクベで結ばれている[1]

西のグループにある構造物1は48メートルの高さがあり、先古典期後期の紀元前300-200年ごろに完成した[3]。巨大な仮面が発見され、とくに幅11メートル・高さ5メートルの彩色された鳥の仮面は「鳥の主神」(マイケル・D・コウヴクブ・カキシュと呼ぶ)を表している[4][5]

紀元前500-200年ごろの石碑では頭飾りとヒスイの耳飾りをつけた2人の人物が向きあって立っている。しかし碑文は存在しない[1][5]

ナクベはマヤ低地で最初に発達した都市だったが、後にこの地域の中心地はエル・ミラドールに移った。1世紀以降ミラドール盆地の諸都市は衰退した[6]

その後はナクベでモニュメントが作られることはなかったが、古典期にも人は住み続けた。Dorie Reents-Budetらの化学的分析によると古典期後期カラクムルの「コデックス様式」と呼ばれる土器は、実際にはカラクムルではなくミラドール盆地、とくにナクベで作られた[7]

調査[編集]

ナクベは1930年代に航空写真によって発見され、イアン・グレアムが最初に調査した。1980年代後半にカリフォルニア大学ロサンゼルス校のリチャード・D・ハンセンとグアテマラ考古学歴史研究所による発掘が行われ、後にミラドール盆地プロジェクトに発展した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Brown & Witschey (2016) pp.240-241
  2. ^ Graham (2010) pp.232-233
  3. ^ Hansen (2002) pp.6-7
  4. ^ Hansen (2002) pp.8-9
  5. ^ a b Coe (1999) pp.77-79
  6. ^ Martin & Grube (2000) p.8
  7. ^ Martin & Grube (2000) p.114

参考文献[編集]

  • Brown, Clifford T.; Witschey, Walter R.T. (2016). “Nakbé”. In Walter R. T. Witschey. Encyclopedia of the Ancient Maya. Rowman & Littlefield. pp. 240-241. ISBN 0759122865. 
  • Coe, Michael D. (1999) [1966]. The Maya (6th ed.). Thames and Hudson. (日本語訳:『古代マヤ文明』創元社、2003年)
  • Graham, Ian (2010). The Road to Ruins. University of Mexico Press. ISBN 9780826347541. 
  • Hansen, Richard D. (2002). “The Architectural Development of an Early Maya Structure at Nakbé, Petén, Guatemala”. FAMSI. http://www.famsi.org/reports/95113/95113Hansen01.pdf. 
  • Martin, Simon; Grube, Nikolai (2000). Chronicle of the Maya Kings and Queens. Thames & Hudson. ISBN 0500051038. (日本語訳:『古代マヤ王歴代誌』創元社2002年)

外部リンク[編集]