サクベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チチェン・イッツァ、サクベ6の跡
カバーのサクベの終点に立つアーチ

サクベ(sacbe[1]、複数形 sacbeob サクベオブ)とは、先コロンブス期マヤ遺跡に見られる、地面より高くつくられた、石と漆喰または石灰の粉を使って舗装された直線的な幹線道路をいう。

サクベという言葉はユカテコ語で「白い道」を意味し、サク(白い)とベ(道)の複合語である。古代マヤでも同じ語が使われていたらしい[2]

概要[編集]

低地マヤは熱帯の密林の中にあり、その中を歩くのは容易ではない。とくに雨季にはほとんど旅行は不可能になる。サクベはこの問題を解決し、一年中商業・政治・軍事的な移動を可能にする[3]

サクベは広いところでは10メートルの道幅があり、地面から1メートルから3メートル高く作られた[3]。現在ではその多くは埋まってしまっている。

サクベの多くはひとつの都市の中の建造物または建造物グループどうしを結んでいる。その多くは水源をひとつの端とする[4]チチェン・イッツァのサクベはセノーテとカスティーヨを結んでいる。

都市と別の都市を結ぶ長距離のサクベも作られた。有名なウシュマルカバーを結ぶサクベは20キロメートルほどあり、終点にはアーチが建てられた。コバーヤシュナを結ぶサクベは100キロメートルもある長いものだった。1990年代の研究によると、ユカタン半島西北のティホスペイン語版(現在のメリダ)から東端のプエルト・モレロスに至る半島を横断するサクベが存在した可能性があり、その長さは300キロメートルに及ぶという[5]

サクベは形成期中期の紀元前600年-300年ごろのものがもっとも古い[6]ディエゴ・デ・ランダはイチュカンティホ(ティホ)とイサマルを結ぶ「非常に美しい道路」や、チチェン・イッツァのセノーテ近くの道路について言及している[7]

脚注[編集]

  1. ^ グアテマラ・マヤ語アカデミーの正書法では sakbe
  2. ^ Shaw (2008) pp.4-5
  3. ^ a b James O'Kon, Sacbe, The Old Explorer, http://www.theoldexplorer.com/index.php/maya-technology/sacbeob 
  4. ^ Shaw (2008) p.78
  5. ^ Shaw (2008) p.90
  6. ^ Shaw (2008) p.5
  7. ^ Shaw (2008) p.8

参考文献[編集]

  • Shaw, Justine M. (2008). White Roads of the Yucatán: Changing Social Landscapes of the Yucatec Maya. University of Arizona Press. ISBN 0816526788. 

外部リンク[編集]