トレッビア川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トレッビア川
トレッビア川
トレッビア渓谷
延長 115 km
水源の標高 1,406 m
平均流量 40 /s
流域面積 -- km²
水源 プレラ山
河口・合流先 ポー川
流域 イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示
トレッビア川の流路

トレッビア川(Trebbia)は、イタリア北部のリグーリア州およびエミリア=ロマーニャ州を流れる約115kmので、ポー川の左岸支流である。

地理[編集]

リグーリア州ジェノヴァ県アペニン山脈にあるプレラ山(Monte Prelà)に源を発する。ピアチェンツァ県オットーネボッビオ、Perino(コーリ所属)、リヴェルガーロの町を北東に流れ、ポー平原に出る。さらに北東に流れ、San Nicolò(ロットフレーノ所属)とピアチェンツァの間で、ポー川の左岸に合流する。

トレッビア川の平均流量は、エミリア=ロマーニャ州の川の中で最も多く、その大半は支流であるアヴェート川からのものである。

上流のトレッビア渓谷はアペニン北部では最も長い谷であり、多くの旅行者とカヌーカヤックラフティングなど水上スポーツの熱中者が訪れる。

歴史[編集]

この川の岸に沿って2回の戦闘が行われている。最初は紀元前218年トレビアの戦いで、ハンニバルカルタゴ軍が、執政官ティトゥス・センプロニウス・ロングス率いるローマ軍を倒し、1799年の戦闘ではフランス革命戦争時、ロシアアレクサンドル・スヴォーロフ将軍が、ジャック・マクドナルド率いるフランス軍を破っている。