トゥースラ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥースラ湖
Tuusulanjärvi
Tusby träsk
Tuusulanjärvi.JPG
ヤルヴェンパー・テルヴァノッカ地区からの眺め(南方)
トゥースラ湖の位置(フィンランド南部内)
トゥースラ湖
トゥースラ湖
トゥースラ湖の位置(フィンランド内)
トゥースラ湖
トゥースラ湖
場所  フィンランド ウーシマー県
座標 北緯60度26分 東経025度03分 / 北緯60.433度 東経25.050度 / 60.433; 25.050座標: 北緯60度26分 東経025度03分 / 北緯60.433度 東経25.050度 / 60.433; 25.050
主な流出 トゥースランヨキ川
 フィンランド
最長 8 km (5.0 mi)
水面積 6 km2 (2.3 sq mi)
平均水深 3.2 m (10 ft)
水面標高 37.8 m (124 ft)
自治体 トゥースラ, ヤルヴェンパー
テンプレートを表示

トゥースラ湖[1][2] (フィンランド語: Tuusulanjärvi, スウェーデン語: Tusby träsk)はフィンランドの湖である。ウーシマー県ヘルシンキ郡トゥースラヤルヴェンパーの境界に位置する。面積は6.0平方キロメートル。20世紀初頭以来、トゥースラ湖畔は芸術家村となっている。ジャン・シベリウスユハニ・アホペッカ・ハロネンエーロ・ヤルネフェルトヨーナス・コッコネンアレクシス・キヴィが湖岸に居を構えていた。

1970年代初頭より、トゥースラ湖水質保全協会がトゥースラ湖の富栄養化を食い止めるために活動している。冬季の曝気とコイ科魚類の除去に加えて、1992年には水質改善のための活動の一部としてパイエンネ地下水道(en:Päijänne Water Tunnel)からの水が湖に供給されている[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Close to nature”. Welcome to Tuusula's website. Municipality of Tuusula (2009年7月24日). 2009年12月26日閲覧。 “The heart of the municipality is Lake Tuusula, one of the most extensively studied lakes in [Finland].”
  2. ^ The restoration of the lake begins”. Lake Tuusula Water Protection Association. 2009年12月27日閲覧。
  3. ^ Directing extra water”. Efforts to save the lake. Lake Tuusula Water Protection Association (2004年7月14日). 2009年12月27日閲覧。 “diversion of extra water to Lake Tuusula through Päijänne water tunnel and Lake Rusut since 1992”