アレクシス・キヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1873年頃にアルベルト・エーデルフェルト (Albert Edelfelt) によって描かれたアレクシス・キヴィ

アレクシス・キヴィAleksis KiviFi-Aleksis_Kivi.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]、出生名はAlexis Stenvall1834年10月10日 - 1872年12月31日)は、フィンランドヌルミヤルヴィ出身の小説家劇作家。38歳で夭折し、文学活動は1860年代から10年と短い期間であった。しかし、新ロマン主義自然主義写実主義をフィンランドにおいて先取りした作風で、フィンランド国民文学の父と称された[1]。主著は『七人兄弟』(en)である。

キヴィは洋服仕立屋の子供として生まれるものの、生涯貧困と病気で苦しんだ。独学で大学に入学し、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテス古代ギリシア吟遊詩人ホメーロスイタリアの作家ダンテ・アリギエーリイギリスの劇作家、詩人のウィリアム・シェイクスピアらの影響を受けた。在学中の1860年に著した戯曲クッレルヴォ』は、フィンランドの民族叙事詩カレワラ』に登場する英雄クッレルヴォの兄妹相姦による悲劇を描いたもので、フィンランド文学協会賞を受賞した。

その他の戯曲には、1864年に著された喜劇『寒村の靴屋』や1866年に著された『婚約』、1869年に聖書を元にした『レア』がある。

しかし、行き過ぎたリアリズムと非難され、心労やアルコール中毒による精神障害が原因で38歳でトゥースラにて夭折した[2]

主な作品[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 高津春繁・手塚富雄、西脇順三郎、久松潜一 『万有百科大事典 1 文学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1973年8月10日)、初版(日本語)、168ページ。
  2. ^ キビィ - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年10月30日閲覧。