データム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

データム: Datum)は、データdata)の単数形。論拠、与件、既知事項と同義。数学においては既知数ともいう。[1]

JIS規格では、物体を測定し、幾何公差を求めるための幾何学的基準をデータムと呼び、基準が直線の場合はデータム直線、基準が平面の場合はデータム平面という。また、測定対象物の形をデータム形体という[2]

参考文献[編集]

  • 研究社辞書部, ed (1960). “Datum”. 研究社新英和大辞典 (4 ed.). 東京: 研究社. pp. 444-445. NCID BN01869467. 

脚注[編集]

  1. ^ 研究社辞書部 1960.
  2. ^ JIS B 0022 幾何公差のためのデータム”. 日本規格協会. 2012年10月19日閲覧。