コンテンツにスキップ

デルマタン硫酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デルマタン硫酸
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
識別
CAS番号
24967-94-0 チェック
ATCコード B01AX04 (WHO)
ChemSpider none ×
ChEMBL CHEMBL1909290 ×
化学的データ
化学式C14H21NO15S2
分子量507.43 g·mol−1
テンプレートを表示

デルマタン硫酸(デルマタンりゅうさん、Dermatan sulfate)は、主に皮膚、また、血管大動脈弁で見出されるグリコサミノグリカンである。

また、コンドロイチン硫酸B(chondroitin sulfate B)とも呼ばれるが、ほとんどの文献においてコンドロイチン硫酸には分類されていない[1]

機能[編集]

デルマタン硫酸には、凝固・線溶系心血管疾患発癌感染線維症外傷治癒における役割があると考えられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Trowbridge, JM; Gallo, RL (2002 Sep). "Dermatan sulfate: new functions from an old glycosaminoglycan". Glycobiology 12 (9): 117R-25R.