デビデビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デビデビ
漫画
作者 三好雄己
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
発表期間 1997年41号 - 2000年40号
巻数 全15巻
テンプレート - ノート

デビデビ ~DEVIL&DEVIL~」は、三好雄己の漫画作品。週刊少年サンデーにて1997年41号より2000年40号まで掲載。

あらすじ[編集]

ライバル関係にあった悪魔・ソードと天使・イオスは、101回目の決闘にて相打ち、致命傷を負い人間界へと落ちてしまう。生き延びるためソードは、巻き添えを食らった人間・天野双魔の体を借りる。しかし何の因果か、ソードの借りた人間は、同じくイオスが体を借りた人間・天野神無の双子の弟であり、しかも宿主となった彼らは憑依した2人とは対照的な性格だった。

不本意ながらも協力して元の体を取り戻そうとする二人の前に、次々と敵が現れる。

登場人物[編集]

ソード
声 - 中井和哉(サンデーCM劇場)
本編の主人公の一人。天使イオスとの101回目の果たし合いの最中、相討ちの末に人間界に落ちてしまう。傷ついた身体を捨てて人間の天野双魔に憑依した。暗黒魔闘術という上級悪魔ですらほとんど扱える者の居ない(現に作中ではソード以外にはシバや彼の師ジル・ハーブその孫のリルルしか暗黒魔闘術を扱っていない)悪魔の格闘術の使い手である。それ故に下級悪魔でありながら魔界最強と謳われていたが、その反面孤立もしていた。彼が孤立していた原因には他にも理由があり、戦闘中に暴走し天使悪魔見境無く殺したため同族からさえ魔族として認められていない。そのため真実の書には彼の名前は載っていない。
性格は粗暴で短気。一見すると悪魔らしい性格であるが、弱い相手を嬲る行為を嫌ったり、友のために命をかけたり、人助けをしたりと根は優しく悪魔らしからぬ面を多く持つ。また、七海や多くの人間と触れ合うことでより悪魔らしからぬ性格になっていった。
物語の初期は人間である双魔に取り憑いたことから、戦闘力が大幅に落ちていたが[1]、物語が進む中、悪魔の卵を手に入れる、双魔が裏暗黒魔闘術を体得した事により体が魔力に耐えられるようになったりと着実に力を取り戻していき、最終的には元々の戦闘力を大幅に上回るまでになっていった。
イオス
声 - 千葉進歩(サンデーCM劇場)
本編のもう一人の主人公。真面目な上級天使で、ソードのライバル。ソードとの果し合い中に人間界に落ち、神無に憑依している。
取り憑いた当初、虚弱であったソードとは違い、不良であった神無が元々強かったため、人間相手であれば腕力と勢いだけで圧倒する力を持っていた。
後に、反発していたグレートサタンに力を借り、白と黒の翼を習得し、最終的にはソードと互角の力を手に入れる。
天野 双魔(あまの そうま)
気弱な眼鏡少年。神無の双子の弟。憑依したソードが肉体を取り戻すための戦いに巻き込まれることとなり、それを経て成長を見せ、魂を武器化する裏暗黒魔闘術を体得するまでに至る。天使と違い、悪魔の性質が人間とは大きく異なるため、神無とイオスのようにソードと任意に入れ替わることは出来ない。
「ド」の付くオカルトマニアであり、ソードの魂の影響で魔界の本を読む事が出来た時は悪魔に取りつかれた事を感謝していた。また、ソードの影響で視力も回復しており、以後掛けるのはソード封印用の伊達メガネ。
天野 神無(あまの かんな)
ロン毛のツッパリ少年で、双魔の双子の兄。イオスに憑依されてからしばらくは表に出ることは無かったが、後半以降任意に入れ替わることも出来るようになっている。基本的に入れ替わりの主導権は神無が握っており、学校をサボるためにイオスを強引に眠らせたり、風邪の辛さを味わいたくないという理由でイオスを表に出したりと、かなり自己中心的な性格。
中盤で神の策略により精神世界でイオスと決闘を行うこととなり、勝者が肉体の主導権を完全に得るという状況になってしまう。同時刻では双魔に危機が迫っており、「(勝ったとしても)天使の力を失った自分が助けに行っても意味はない」と述べ、イオスを助けに向かわせるため、自ら死を選んだりと弟思いな面もある。そんな神無の思いを踏みにじった神の意志にイオスが激怒し反旗を翻したことで精神世界は崩壊。二人の仲はより深まり共同で肉体を使うこととなった。
当初は全校生徒から恐れられる不良と思われていたが、実際には女子からかなりモテており、優等生なイオスとワイルドな神無の二面性を楽しまれている。またイオスが憑依する前から不良にいじめられていた優等生を助けたことがある。
元が不良だったせいか、彼が天使の力を使うときは堕天使となり、翼が黒く染まる。
ちなみに、作中に未登場の母親の血を引いているためか、ハッキリ言って父親にも兄弟にも全く似ていない。
聖 七海(ひじり ななみ)
本編のメインヒロイン。神無と双魔の幼馴染で、双魔の保護者のような存在でもある。ある夜、二人の帰りの遅さを心配して学校へ様子を見に行くが、双魔をいじめていたグループに捕まってしまう。校舎裏で服を脱がされブラジャーを外され乳房や乳首を悪戯されてしまうが、レイプ寸前に双魔たちに救われる。物語の途中で悪魔と闘うための力を持つが、後にソードによって破壊される。しかし最後には、ソードとイオスの真剣勝負を怒声一発で止めさせるなど、人間としての強さを発揮した。
コウモリネコ(ナナ)
使い魔。シバの部下。物語の途中からは「ナナ」と言う名前で天野家で飼われている。人型に変化することも可能。最初、刺客としてソードの悪魔の卵を狙っていたが、なんだかんだで彼と共闘し共に行動をする関係になった。腹黒い割に詰めが甘いが、結構したたかな性格。また、結構情に厚い面も見せる。
薬味 みずの(やくみ みずの)
ヒロインの一人。悪魔祓い(エクソシスト)で最初はソードの命を狙っていたが、後に彼に好意を持つ。双魔たちが通う高校でオカルト研究部をしている兄がいる[2]。かなりの巨乳ではあるが、本人はそれをコンプレックスとしている。
物語中盤から完全に戦力外となってしまったが、終盤にて再登場した際は秘伝の武装アイテムによって高い戦闘能力を発揮した。
ガーベラ
シバの部下である処刑悪魔。ポニーテールにした長髪と巨乳が特徴的な女悪魔。並の魔力ならば無効化できるアンチ・マジックの使い手。また妖艶な雰囲気で色仕掛けも得意とする。当初はソード抹殺を命じられ「アンチ・マジック」によって有利に戦いを進め一方的に追い詰めるが、本気を出したソードの「暗黒魔闘術」は無力化できず敗北を喫する。敗北後にシバからの指令がソードたちの監視、護衛に変わったため、偽名を名乗り双魔たちの通う六芒高校に転校生として潜入している。以降は完全に味方としてソードたちに協力し、彼の奇行のツッコミ役に回る。最終決戦にも駆けつけ神の配下の大天使たちと互角に渡り合う活躍を見せた。
シェキル・アーリア
イオスを慕う大天使。互いの出自の関係上、ガーベラとは犬猿の仲だが、紆余曲折経て、2人してみずのの元に居候することに。また、イオスの現状を作り出したソードのことも好いておらず、勝手に入れ替わってしまう神無のことも嫌悪している模様。後にガーベラと共にハーフの転校生として六芒高校に潜入する。
シバ・ガーランド
上級悪魔。ソードの数少ない友であり彼に暗黒魔闘術を教えた師でもある。元々はヴィシュヌとともに双子として魔界で生を受け、ソウル・ガーディアンに拾われた過去を持つ。その後、サタンの配下となりソウル・ガーディアンを去った。サタンとは主従を越えた友であったが、サタンは「サタンの影」に乗っ取られ豹変。シバを辺境へと飛ばし、後に悪魔の卵回収を命じ、裏切れないように「死の刻印」を刻んだ。事実を知らないシバはソードと戦うしかなくなり彼と死闘を演じ、その戦いの中でサタンを倒せる可能性をソードに見出す。戦いのさなか、サタンの謀略によって二人まとめて始末されそうになるがシバが犠牲になることでソードたちを逃がし、サタンを倒す可能性を信じて我が身を犠牲にした。その魂はソウル・ガーディアンへと戻り、サタンの影との最終決戦ではソードと双魔の復活に一役買った。
乱封(らんふう)
魔将傘と言う封魔が宿る傘を持つ悪魔祓い師。悪魔に襲われ、意識不明で入院中の妹がいる。
シャロ・リーク・サタン
魔王サタンの娘で魔界のプリンセス。自称ソードの婚約者。
クミン・ダージル
シャロのお目付役兼護衛の悪魔。次元刀シュルトを持つ。美しいモノが好き。
ヴィシュヌ・ガーランド
ソウル・ガーディアンの守護者。シバの弟で、外見は彼に酷似している。そのため、ソードやガーベラは最初シバ本人と勘違いした。
大サタン(グレートサタン)
魔王サタンの父であり、シャロの祖父。かつて天界から魔界に堕ちた大天使。
魔王サタン
魔界を統べる大悪魔。大サタンの息子でありシャロの父親である。元々は良心的で王に相応しい人格と器を兼ね備えた青年だったが、ある日突然豹変し暴君と化してしまった。
天界を統べる男。常にローブで素顔を隠しており神々しさより禍々しさを醸し出しており、配下の天使たちに命じてソードたちの妨害を行わせる。物語の当初から存在が語られており、終盤ではサタンに代わる黒幕としてソードたちと敵対する。実はサタンと同様に「サタンの影」によって肉体を奪われてしまっており、ローブの中はサタンの姿になっている。
サタンの影
サタンの精神の内に潜んでいた存在。本作における最終的な黒幕にして最後の敵。その正体はサタンの双子の兄弟。本来なら双子として生まれるはずだったが肉体を持たなかったためサタンの肉体に憑依する形で生まれた。文字通りサタンの影として長い刻を過ごしてきたため精神は歪み、天界も魔界も人間界も全てを滅ぼすことを考えるようになってしまった。手始めにサタンの肉体を奪い、後に天界の「神」の肉体まで奪いとる。サタンの肉体は用済みとなったため配下の天使たちに命じて抹殺した。最終的には巨大な悪魔となって現世に降臨しソードを容易く滅ぼすが、シバの助力によって復活したソードの「真・魔王拳」によって完全粉砕され消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ 双魔自身も内向きのオカルトマニアだった事も関係している。
  2. ^ 何故か兄の方はエクソシストとしての教育も何も受けていないタダのオカルトマニア。

既刊一覧[編集]

1巻 1998年3月発行 ISBN 978-4-0912-5351-4
2巻 1998年6月発行 ISBN 978-4-0912-5352-1
3巻 1998年9月発行 ISBN 978-4-0912-5353-8
4巻 1998年11月発行 ISBN 978-4-0912-5354-5
5巻 1999年1月発行 ISBN 978-4-0912-5355-2
6巻 1999年3月発行 ISBN 978-4-0912-5356-9
7巻 1999年5月発行 ISBN 978-4-0912-5357-6
8巻 1999年8月発行 ISBN 978-4-0912-5358-3
9巻 1999年10月発行 ISBN 978-4-0912-5359-0
10巻 2000年01月発行 ISBN 978-4-0912-5360-6
11巻 2000年4月発行 ISBN 978-4-0912-5691-1
12巻 2000年6月発行 ISBN 978-4-0912-5692-8
13巻 2000年7月発行 ISBN 978-4-0912-5693-5
14巻 2000年9月発行 ISBN 978-4-0912-5694-2
15巻 2000年11月発行 ISBN 978-4-0912-5695-9