デビッド・フェアチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
David Grandison Fairchild
デビッド・フェアチャイルド
David Fairchild.jpg
生誕 (1869-04-07) 1869年4月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州ランシング
死没 (1954-08-06) 1954年8月6日(85歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 植物学
研究機関 アイオワ州立大学
アメリカ農務省種子・植物導入局
出身校 カンザス州立農科大学
主な業績 アメリカ農務省種子・植物導入局初代局長
主な受賞歴 Public Welfare Medal(1938年)
命名者名略表記
(植物学)
D.Fairchild
プロジェクト:人物伝

デビッド・フェアチャイルド(David Grandison Fairchild、1869年4月7日1954年8月6日)はアメリカ合衆国の植物学者である。1898年にアメリカ農務省に設置された種子・植物導入局(Office of Seed and Plant Introduction)の初代局長に選ばれ、アメリカ農業に有益な多くの外国の植物の導入を行った[1]

略歴[編集]

ミシガン州ランシングに、1639年にアメリカに入植したトーマス・フェアチャイルドを祖先とする名門、フェアチャイルド家の一族として生まれた。カンザス州マンハッタンで育ち、父親が学長を務めるカンザス州立農科大学( Kansas State College of Agriculture、現在のカンザス州立大学)を卒業し、アイオワ州立大学で叔父の植物学者、バイロン・ハルステッド(後にアメリカ植物学会の会長も務めた。)のもとで研究を続け、オーバリン大学から博士号を得た。

アメリカ合衆国陸軍長官などを務めたジェイムズ・バーバーの孫で裕福な旅行家、バーバー・ラスロップ(Barbour Lathrop)と知り合い、外国旅行に同行し、アメリカ農務省のために植物を収集するように勧められた。ラスロップやアリソン・アーマー(Allison Armour)らの金持ちの支援を受けて、アメリカ合衆国に導入すべき多くの植物の収集旅行を行い、その収集旅行についての多くの著作は人気を得た。

長年にわたって、農務省の種子・植物導入局で働き、有名なポトマック川河畔の桜並木の造成にも重要な役割を果たした[2]。1898年にマイアミに熱帯植物のための試験植物園を設立した[3]。1905年に、アレクサンダー・グラハム・ベルの娘と結婚し、アレクサンダー・グラハム・ベル聴覚障害者支援協会の理事を務め[4]、ベルが会長を務めたナショナルジオグラフィック協会の理事も務めた[5]

1926年にフロリダのCoconut Groveの自然の中に8ヘクタールの屋敷を建て、収集した熱帯植物を植えた。これは現在、国立熱帯植物園の一部となっている。

1938年に米国科学アカデミーのPublic Welfare Medalを受賞した[6] 。1938年に設立されたマイアミのフェアチャイルド熱帯植物園はフェアチャイルドに因んで命名された。

著作[編集]

  • The World Was My Garden: Travels of a Plant Explorer. (New York: C. Scribner's Sons, 1938)
  • Garden Islands of the Great East: Collecting Seeds from the Philippines and Netherlands India in the Junk 'Chêng ho. (New York: C. Scribner's Sons, 1943)
  • The World Grows Round My Door; The Story of The Kampong, a Home on The Edge of the Tropics. (New York: C. Scribner's Sons, 1947)
  • Exploring for Plants. (New York: Macmillan, 1930).

関連項目[編集]

  • 全米桜祭り - ポトマック川河畔の桜並木でのフェアチャイルドの貢献の経緯

参考文献[編集]

脚注
  1. ^ Williams 1963. p. 185.
  2. ^ National Park Service
  3. ^ Fairchild 1947. p. 19.
  4. ^ Fairchild 1938. p. 380.
  5. ^ Poole 2004. p. 133.
  6. ^ Public Welfare Award”. National Academy of Sciences. 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
評伝
  • Barbour, Thomas. Naturalist at Large. Boston: Little, Brown, 1943.
  • Clement, Gail. “Reclaiming the Everglades / David Grandison Fairchild”. Florida International University. 2011年2月28日閲覧。
  • Fairchild, David. The World Was My Garden. New York: Charles Scribner's Sons, 1938.
  • Fairchild, David (1947). The World Grows Round My Door. New York: Charles Scribner's Sons. pp. 347. 
  • HISTORY OF THE CHERRY TREES”. National Park Service. 2013年11月13日閲覧。
  • Poole, Robert M. Explorers House. New York: Penguin Press, 2004.
  • Tebeau, Charlton W. The University of Miami. Coral Gables: University of Miami Press, 1976.
  • Williams, Beryl and Epstein, Samuel. Plant Explorer. New York: Julian Messner, 1963.
D.Fairchildは、植物の学名命名者を示す場合にデビッド・フェアチャイルドを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)