デッド・サイレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッド・サイレンス
Dead Silence
監督 ジェームズ・ワン
脚本 リー・ワネル(脚本・原案)
ジェームズ・ワン(原案)
製作 グレッグ・ホフマン
オーレン・クールズ
マーク・バーグ
製作総指揮 ピーター・オイラタゲレ
出演者 ライアン・クァンティン
アンバー・ヴァレッタ
ドニー・ウォールバーグ
ボブ・ガントン
マイケル・フェアマン
ジョーン・ヘニー
ローラ・レーガン
ドミトリー・チェポヴェツキー
ジュディス・ロバーツ
音楽 チャーリー・クロウザー
撮影 ジョン・R・レオネッティ
編集 マイケル・N・クヌー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年3月16日
イギリスの旗 2007年7月6日
日本の旗 2008年3月22日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20 million
次作 Dead Silence II(予定)
テンプレートを表示

デッド・サイレンス(Dead Silence)は、2007年サスペンスミステリーホラー映画。大ヒットした「ソウ」の監督と脚本家による作品であるが、本作には映倫の年齢制限は無い。日本公開は全米公開から、ほぼ一年遅れとなった。

ストーリー[編集]

ある日の夜、ジェイミー(ライアン・クワンテン)とその妻リサ(ローラ・レーガン)のもとに送り主不明の腹話術人形が届けられる。その後ジェイミーが外出している間に、リサは何者かによって舌を切り取られ惨殺された。ジェイミーは事件の捜査を担当するリプトン刑事(ドニー・ウォルバーグ)から第一容疑者としてマークされながらも、事件の直前に届けられた人形ケースからの手がかりをもとに、故郷レイブンズ・フェアへと赴く。そこで父や義母、葬儀屋の話から、腹話術師メアリー・ショウに関する町の忌わしい過去を知る。それから町では次々と奇怪な出来事が起こりはじめ、ジェイミーも巻き込まれていく。この事件は誰の仕業で、何が目的なのか…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェイミー・アーシェン ライアン・クワンテン 坂詰貴之
リプトン刑事 ドニー・ウォールバーグ 内田直哉
サラ・アーシェン アンバー・ヴァレッタ 宮寺智子
エドワード・アーシェン ボブ・ガントン 村松康雄
ヘンリー・ウォーカー マイケル・フェアマン 木村雅史
マリオン・ウォーカー ジョーン・ヘニー
リサ・アーシェン ローラ・レーガン 弓場沙織
リチャード・ウォーカー ドミトリー・チェポヴェツキー
ビリーの声 エン・ライテル
メアリー・ショウ ジュディス・ロバーツ

各国のレイティング[編集]

詳しくは映画のレイティングシステムを参照。

  • アメリカ:R(17+)
  • 日本:一般(全年齢)
  • 韓国:15
  • シンガポール:PG
  • マレーシア:U(全年齢)
  • アルゼンチン:13
  • カナダ:14A
  • カナダ(ケベック州):13+
  • オーストラリア:M(15+)
  • イギリス:15
  • ドイツ:16
  • フランス:-12
  • フィンランド:K-15

外部リンク[編集]