デサスピジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デサスピジン
Desaspidin.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
114-43-2 チェック
ATCコード P02DX01 (WHO)
PubChem CID: 8238
ChemSpider 10295071 ×
UNII KV3495SGKS チェック
KEGG D07365  チェック
化学的データ
化学式 C24H30O8
分子量 446.49 g/mol
テンプレートを表示

デサスピジン(Desaspidin)は、駆虫薬である。オシダ属Dryopteris arguta中に天然に含まれる[1]。1950年代から、葉緑体内でのデサスピジンによるリン酸化の阻害効果が知られ、研究されていた[2]

出典[編集]

  1. ^ C. Michael Hogan. 2008. Coastal Woodfern (Dryopteris arguta}, GlobalTwitcher, ed. N. Stromberg
  2. ^ Bacon Ke. 2001. Photosynthesis: photobiochemistry and photobiophysics, Published by Springer, 763 pages ISBN 0-7923-6791-X, 9780792367918