デイヴィット・モロニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィット・モロニー Davitt Moroney

デイヴィット・モロニーDavitt Moroney, 1950年 - )はイギリス出身のチェンバロ奏者であり、なおかつルネサンス音楽バロック音楽を専門とする音楽学者

キングス・カレッジ・ロンドンにて音楽学を専攻。その後チェンバロをケネス・ギルバートグスタフ・レオンハルトに師事。1974年ロンドン王立音楽院より演奏免許を取得し、1980年にはトマス・タリスウィリアム・バードの作品に関する論文により、カリフォルニア大学バークレー校にて博士号を取得し、2001年より同校の教員として出講。

ソリストや室内楽奏者として、さまざまなレーベルにバッハビーバークープランパーセルなどの作品を録音している。ハイペリオン・レーベルにおいて、さまざまな初期鍵盤楽器チェンバロヴァージナルクラヴィコードポルタティフ・オルガン)を使い分けたバード鍵盤楽曲全集を発表したことにより名高い。

音楽学者としては、さまざまなバロック音楽の巨匠の作品を校訂しており、とりわけバッハの《フーガの技法》の未完成のフーガを補筆したことによって知られている(自ら作成した版の録音は、ハルモニア・ムンディ・フランスから発表している)。