テーブルオフィシャルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テーブルオフィシャルズ(Table Officials)はバスケットボールの試合に於いて審判員(Officials)を補佐し、試合を管理するための係員の呼称。

概要[編集]

テーブルオフィシャルズは、FIBAのOfficial Basketball Rulesのルール8に詳細が定められている[1] テーブルオフィシャルズが座る席をオフィシャルズテーブルという。オフィシャルズテーブルはコートをよく見渡せるように高い位置に置くか,チームベンチや交代席を低い位置に置くよう設定される。 テーブルオフィシャルズは次の4名によって構成される。

スコアラー
オフィシャルスコアシートの記録を担当し、プレイヤーの交代やタイムアウトの管理を行う。オルタネイティング・ポゼッション・ルールのポゼッション・アローやコート上の主審(レフリー)もしくは副審(アンパイア)に合図器具を鳴らして伝える事もスコアラーの役目である。
アシスタントスコアラー
スコアラーを補佐し、チームファウルやプレイヤーのファウル数を表示したりスコアボードの操作などを行う。
タイマー
ゲームクロックストップウォッチを操作し、試合時間の管理を行う。
ショットクロックオペレイター
ショットクロックを管理する24秒計で、スタート、ストップ、リスタート、14秒リセット、24秒リセット、の操作を行う。

なお,大会主催者の考えでコミッショナーを置くことが出来る。コミッショナーはテーブルオフィシャルズの任務を監督し、審判が円滑に試合を進行させられるようにする。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIBA Official Basketball Rules 2014 (pdf)”. FIBA.com (2014年). 2015年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]