テンギズ・アブラゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンギズ・アブラゼ
Tengiz Abuladze
本名 თენგიზ აბულაძე
生年月日 (1924-01-31) 1924年1月31日
没年月日 (1994-03-06) 1994年3月6日(70歳没)
出生地 Flag of the Transcaucasian SFSR (1925-1936).svg ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国 クタイシ
死没地 Flag of Georgia (1990–2004).svg グルジア トビリシ
職業 映画監督

テンギズ・アブラゼ(თენგიზ აბულაძე, Tengiz Abuladze; 1924年1月31日 - 1994年3月6日)は、グルジア人映画監督

略歴[編集]

1924年、クタイシに生れる。1943年から1946年までトビリシ演劇大学で学ぶ。その後、モスクワの全ロシア国立映画大学を1952年に卒業。1953年より映画監督としてグルジア映画社に勤務。短篇ドキュメンタリー作品の制作を始める。

『幸せの樹』(1977年)、『懺悔』(1984年)などの作品で世界的に知られる。スターリン時代の恐怖政治の暗部を鋭く描いた『懺悔』は数年間発表が禁止されたが、1987年ソヴィエト連邦で一般公開されると大きな反響を呼び、ペレストロイカを象徴する映画となった。『祈り』『希望の樹』『懺悔』は「祈り三部作[1]」または「懺悔三部作[2]」と呼ばれる。

1980年ソ連人民芸術家の称号を受ける。1988年レーニン賞受賞。1990年から1991年までソ連邦人民代議員大会の代議員を務める。

作品[編集]

  • 1953年 - 『我々の宮殿』(レゾ・チヘイゼと共作のドュメンタリー映画)
  • 1954年 - 『国立グルジア民族舞踊団』(レゾ・チヘイゼと共作のドュメンタリー映画)
  • 1955年 - 『マグダナの青馬』(レゾ・チヘイゼと共作、1956年 第9回カンヌ国際映画祭 最優秀短篇映画賞)
  • 1958年 - 『他人の子供たち』
  • 1962年 - 『僕とおばあさんとイリコとイラリオン』
  • 1965年 - 『スワネティのスケッチ』
  • 1967年 - 『嘆願』または『祈り[1][2]
  • 1971年 - 『愛する者への首飾り』
  • 1972年 - 『青空の下の博物館(ダゲスタン)』
  • 1977年 - 『幸せの樹』または『希望の樹[1][2]』(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ最優秀外国映画賞)
  • 1984年 - 『懺悔』(1987年カンヌ国際映画祭 審査員特別賞、国際批評家連盟賞、Prize of the Ecumenical Jury; 1988年 ゴールデングローブ最優秀外国語映画賞)
  • 1989年 - 『ハジ・ムラート』

脚注[編集]

  1. ^ a b c ジョージア映画の不朽の名作「祈り」51年の歳月を経て日本初公開”. 映画.com (2018年5月6日). 2018年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c 今週末見るべき映画「懺悔」”. Excite ism (2008年12月17日). 2018年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]