テフェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テフェー
Tefé
—  都市  —


印章
愛称:ソリモエンス川英語版の王女
アマゾナス州内のテフェの位置
座標: 南緯03度21分14秒 西経64度42分39秒 / 南緯3.35389度 西経64.71083度 / -3.35389; -64.71083
ブラジルの旗 ブラジル
地方 北部地方英語版
Bandeira do Amazonas.svg アマゾナス州
建設 1759年
行政
 - 市長 Antenor Moreira Paz (ブラジル社会民主党 (2011年)英語版(
面積
 - 計 23,704.426km2 (9,152.3mi2)
標高 75m (246ft)
人口 (2014年)
 - 計 62,662人
等時帯 大西洋標準時 (UTC-4)
住民胡椒 tefeense

テフェーポルトガル語: Tefé)は、ブラジル北部のアマゾナス州の都市。 2014年の人口は6万2662人。 マナウスから空路で525km、水路で595km西の、ソリモエンス川英語版の南岸、テフェー川英語版河口に位置する。

交通[編集]

陸路[編集]

外部と道路で繋がっておらず、陸路では到達出来ない。

水路[編集]

速い船ではマナウスから約12時間で着く。

空路[編集]

テフェー空港英語版が有り、マナウスタバチンガエイルネペ英語版と繋がっている。

宗教[編集]

キリスト教カトリックテフェー自治監督区英語版の本部が有る。

観光[編集]

マミラウア維持発展保護区英語版の入口である。

土地利用[編集]

歴史[編集]

1620年代初頭、ポルトガルカルメル会がテフェー湖周辺に住むムラ人英語版に接触した[3]

1697年1751年、カルメル会はソリモエンス川南岸に教会を建設した[Note 1]

1759年、Joaquim de Mello da Povoas司令官が町を建設し、「エガ」と改名した。

1855年、「テフェー」に改名された[Note 2]

テフェーを舞台にした作品[編集]


注釈・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Henry W. Bates in 1851 said the settlement had been inhabited for 170 years, which would place its founding a bit earlier, around 1680.
  2. ^ Henry W. Bates gave this description: "[Ega] is built on a small tract of cleared land at the lower or eastern end of the lake...On the opposite shore of the broad expanse stands a small village, called Nogueira".

出典[編集]

  1. ^ (Portuguese) FLONA de Tefé, ISA: Instituto Socioambiental, https://uc.socioambiental.org/uc/6656 2016年10月19日閲覧。 
  2. ^ (Portuguese) RESEX Catuá-Ipixuna, ISA: Instituto Socioambiental, https://uc.socioambiental.org/en/uc/1686 2016年8月30日閲覧。 
  3. ^ de Magalhães Lima-Ayres, Deborah (1992). The Social Category Caboclo.. Kings College.