テチューシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯54度56分 東経48度50分 / 北緯54.933度 東経48.833度 / 54.933; 48.833

テチューシの紋章

テチューシロシア語: Тетю́шиラテン文字表記の例: Tetyushi)、またはタテシュタタール語: Тәтеш, Täteş)はロシアタタールスタン共和国南西部にある都市。ヴォルガ川のダム湖、クイビシェフ湖の西岸に位置する。すぐ南にウリヤノフスク州との境界がある。最寄りの鉄道駅がある町は、45km西のブインスク

タタールスタンの首都カザンからは南へ180km。テチューシスキー地区の中心地である。人口は2002年国勢調査で11,931人(1989年ソ連国勢調査では10,487人)。

歴史[編集]

1574年から1578年にかけて(資料によっては1555年から1557年にかけて)旧カザン・ハン国の地を抑えるための要塞としてテチューシュスカヤ・ザスタヴァ(Тетюшская застава)が建てられた。おそらくタタール人領主の名に由来する地名であると考えられている。スチェパン・ラージンの反乱では大きな戦いの舞台となった。

1781年にはテチューシの名で市となり、郡の中心地となった。19世紀末にはこの地方の交易の中心として発展している。

文化・経済・交通[編集]

テチューシには、カザンの生神女のイコンに捧げられたカザンの生神女聖堂が1773年に建てられ、現存している。また歴史博物館もある。

テチューシには食品工場や製材所のほか、カザン・ヘリコプター工場の部品工場などがある。

外部リンク[編集]