テキーラ規制委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

テキーラ規制委員会(テキーラきせいいいんかい、西: Consejo Regulador del Tequila A.C.、略称:CRT)は、テキーラ商工会議所の主導の元、1994年5月17日[要出典]に設立された非営利団体である[1]。収穫から瓶詰めに至るテキーラの生産過程全般の基準を定め、違反者に対して法的措置を取る事が出来る[1]

概要[編集]

テキーラはメキシコ合衆国の法と基準に基づき製造される[1]。CRTは、テキーラの生産過程がメキシコ政府の定める公式の基準に従って行われる事を証明する機関としてメキシコ政府から認定を受けている[1]。CRTはテキーラの生産者だけでなく原料の竜舌蘭栽培、ボトラー、マーケティング担当者、およびメキシコ政府の代表者と連携して活動する[1]

全てのテキーラメーカーはCRTの認可が必要であり[1]、テキーラのラベルにはメキシコ公式規格である「NOM」のイニシャル[要出典]、テキーラ規制委員会の認証である「CRT」のイニシャルと、4桁の番号[要出典]が印刷される[1]

テキーラアワード(T-Award)[編集]

テキーラアワードは、「テキーラの正しい知識を身に付け、その文化を共有し、奥深さを理解していただくことによって、テキーラ業界及び飲食業界の活性化に貢献する事」を目的としたテキーラ規制委員会主催のセミナーである[1]。旧称はテキーラ規制委員会セミナー[2]。セミナー受講者全員にCRT認定の修了証(ディプロマ)が授与され[1]、企業・団体の場合には認定プレートが授与される[2]

日本国内ではCRTセミナー日本事務局によって2011年3月より不定期に[要出典]開催されている[1]

セミナーの内容[編集]

  1. テキーラの基礎知識[1]
  2. テキーラの歴史と神話[1]
  3. アガベ(竜舌蘭)の栽培と収穫[1]
  4. テキーラの製造工程[1]
  5. テキーラのテイスティング[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o テキーラ規制委員会 エルマナスプロジェクト|日本とメキシコをより深く熱く結ぶ”. エルマナスプロジェクト. 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b 「テキーラアワード(T Award)」開催のご案内 日本バーテンダー協会、2017年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]