ボトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コカ・コーラの自動販売機用飲料の運送用トラック(キャンター

ボトラー (bottler) は、清涼飲料水の濃縮原液を仕入れ、水で薄めて容器(ボトル)に入れて、消費者の手に渡る状態の最終製品にして出荷する会社である。

位置づけ[編集]

フランチャイズの一形態で、原液メーカーがフランチャイザー、ボトラーがフランチャイジーにあたる。

基本的に、飲料の特許レシピ商標は原液メーカーが保有しており、ボトラーは関わっていない。資本的にも、ボトラーは原液メーカーと資本関係のない独立資本である。複数の原液メーカーから原液の供給を受けることもある(例: コカ・コーラ社ペプシコ社から供給を受ける Dr Pepper Snapple Bottling Group)。

飲料の味は原液で決まり、ボトラーが違っても同じである。ただし、の違いによってわずかに味に差がある。

原液メーカーは世界展開していることが多いが、ボトラーはエリアマーケティングにより地域分けされている。フランチャイズ契約により、ボトラーはエリア内での独占的な製造・販売ライセンスを得る。

容器としては、ガラス瓶アルミ缶ペットボトルの3種類が主である。容器はさらに、段ボール箱などで包装されて、小売店などに出荷される。

歴史[編集]

コカ・コーラの権利を買い取りコカ・コーラ社を設立したエイサ・キャンドラーが、瓶での販売を始める際、自社で瓶詰めするのでも、他社にレシピを渡して製造させるのでもなく、レシピを秘密にしたまま、瓶詰め・販売の権利だけを売り出したのが始まりである。

コカ・コーラのボトラー[編集]

コカ・コーラ社コカ・コーラなどの原液を世界中のボトラーに販売している。ボトラーのほとんどは独立資本だが、少比率で出資するケースもある。例外的に、北米を販売エリアとするボトラーの1つ The Coca-Cola Refreshments はコカ・コーラ社の子会社である。

日本のコカ・コーラのボトラー[編集]

1990年代以降、効率化やコスト削減などの目的[1]から、日本国内のボトラー間でも再編の機運が高まっている。

1995年には全国展開するスーパーコンビニ向けの販売業務を、コカ・コーラナショナルセールス株式会社に一本化。1999年には、米国本社がボトラーの広域化を目指して設けたアンカーボトラー制度適用の国内第1号として、コカ・コーラウエストジャパン株式会社(現在のコカ・コーラウエスト株式会社)が発足した。この他にも、複数のボトラーが共同出資して持株会社を設立する流れが相次いだ[2]。2016年4月には、コカ・コーライーストジャパンとコカ・コーラウェストの経営統合に向けた協議の開始も発表[3]、2017年4月に持株会社としてコカ・コーラボトラーズジャパンを発足し両社及びウエスト傘下の四国を傘下に収め、さらに2018年1月には持株会社の商号をコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスに変更した上でイーストジャパンがウエスト・四国を合併しコカ・コーラボトラーズジャパン(2代目が発足)した。

さらに、経済改革による外資規制の緩和もあいまって、日本コカ・コーラのみならず、米国コカ・コーラ本社も、アンカーボトラー設立に際し直接出資するようになっており、ウエストジャパン発足の際に、数%分の株式を取得(現在はボトラーの統合再編や持株会社制度導入に伴い、比率としては下がったが、株式交換で引き続き当該持株会社の株式を保有している)。これにより、市場に直に接する“現場”企業を傘下に置く形となり、商品構成に米国本社の意向を反映させやすくするとともに、米国本社での世界戦略決定においても日本の市場動向をより早くつかむことができるようになった。同様にコカ・コーライーストジャパンも米国コカ・コーラ本社の子会社と孫会社の日本コカ・コーラから出資(筆頭株主)を受けている。イーストジャパンに統合された旧セントラルジャパン・旧三国・旧利根・旧東京のボトリング会社4社も同様に出資を受けていた。こうした出資の状況は現在のコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスにも引き継がれている。

ボトラー 販売エリア 本社所在地 資本
北海道コカ・コーラボトリング株式会社 北海道 北海道札幌市 大日本印刷グループ
みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 青森県岩手県秋田県 岩手県矢巾町
コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社 宮城県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県山梨県岐阜県静岡県愛知県三重県京都府大阪府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県奄美群島の一部を除く) 東京都港区 コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの完全子会社
北陸コカ・コーラボトリング株式会社 富山県石川県福井県長野県 富山県高岡市 若鶴酒造グループ
沖縄コカ・コーラボトリング株式会社 沖縄県、鹿児島県奄美群島の一部 沖縄県浦添市 丸仁グループ

出典[編集]

  1. ^ 喉とともに「人と人をうるおす」ボトラー。「コカ・コーラCJ」の地域密着事業 ヨコハマ経済新聞 2006年10月17日
  2. ^ ウエスト(ウエストジャパン)・セントラルジャパン・イーストジャパン)の3社。経営統合後、製造部門など一部を分社化した上で販売部門を持株会社に吸収している。
  3. ^ コカ・コーラ、東西統合で「1兆円連合」誕生へ日本経済新聞 2016年4月26日

外部リンク[編集]