ティンパヌム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サント=マドレーヌ大聖堂 (ヴェズレー)のティンパヌム。ロマネスク様式。1130年代制作。

ティンパヌム(tympanum, (複)tympana、(仏語読み)タンパン)とは、建物入口上にあり、まぐさ(横木、リンテル)とアーチによって区画された装飾的な壁面のことで、半円形か三角形をしている[1]。しばしば彫刻などによって飾られている。ギリシャ・キリスト教建築においては、ティンパヌムには宗教的情景が描かれているのが通例である。

ティンパヌムを囲む繰り形(縁取り)はアーキボルトと呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池上英洋 『西洋美術史入門』 筑摩書房2012年、154頁。ISBN 978-4-480-68876-7