ティム・グローサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティム・グローサー
Timothy John Groser
Tim Groser.jpg
生年月日 1950年????
出生地 スコットランドの旗 スコットランドパース
出身校 ヴィクトリア大学ウェリントン
所属政党 ニュージーランド国民党
テンプレートを表示

ティム・グローサー(Timothy John Groser、1950年 - )は、ニュージーランドの元政治家外交官

来歴[編集]

スコットランドパース生まれ。8歳のときに両親とニュージーランドへ移住。ヴィクトリア大学ウェリントンを卒業。

国庫庁へ入庁し調査官(1973年 - 1975年)、在キャンベラ・ニュージーランド高等弁務官事務所1等書記官(経済部門担当、1976年 -1979年)、ニュージーランド - オーストラリア経済緊密化協定(CER)貿易交渉官(1979年 - 1982年)、ニュージーランド政府外交顧問(1982年 - 1984年)、貿易産業省多国間貿易部長(1985年)、GATT大使 兼 農業部門首席交渉官(1986年 -1990年)、国際酪農品協会理事長(1988年)、ウルグアイ・ラウンド首席交渉官(1990年 - 1994年)、駐インドネシア大使(1994年 - 1997年)、外交通商省首席経済顧問(1997年 - 1999年)、ニュージーランド - アジア基金理事長(1999年 - 2002年)、WTO大使 兼 規律策定グループ長(2002年 - 2003年) 兼 農業交渉グループ長(2003年 - 2005年)を経て、2005年の総選挙に国民党より出馬し比例名簿13位で初当選し国民党貿易報道官を務める。2008年の総選挙では比例名簿12位で再選を果たし2008年11月に貿易大臣に就任。2008年11月から2010年1月まで自然環境保護担当大臣を兼務。2010年1月からは気候変動問題国際交渉担当大臣を兼務。

私生活では3度の結婚歴があり、駐インドネシア大使時代にインドネシア人女性と再婚。再婚相手との間に娘が1人いるがその後離婚している。3度の結婚で3人の子を持つ。インドネシア時代にイスラム教改宗しイスラム教の信仰を持つ初の大臣となった。

2012年8月、ニュージーランド政府は第9代世界貿易機関事務局長選挙へ向けグローサーを後継候補に指名し最終候補に残るも、ブラジル政府WTO大使を務めたロベルト・アゼベドに破れた。

2015年12月に政界から引退。

2016年1月に駐米大使に着任。

外部リンク[編集]