ツノフノリタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツノフノリタケ
C. cornea
Calocera cornea 38121.jpg
分類
: 菌界 w:Fungi
: 担子菌門 w:Basidiomycota
亜門 : ハラタケ亜門 w:Agaricomycotina
: アカキクラゲ綱 w:Dacrymycetes
: アカキクラゲ目 w:Dacrymycetales
: アカキクラゲ科 w:Dacrymycetaceae
: ニカワホウキタケ属 w:Calocera
: ツノフノリタケ C. cornea
学名
Calocera cornea
(Batsch) Fr. (1827)
シノニム

Clavaria cornea Batsch (1783)
Corynoides cornea (Batsch) Gray (1821)
Calocera cornes (Batsch) Fr. (1827)

ツノフノリタケ(Calocera cornea)は、腐朽した木の上に生育する膠質菌である。音叉型の独特な担子器で特徴付けられるアカキクラゲ綱に属する。

黄色い指のような先の細い形の担子器果ゼラチン質で、直径は3mm、高さは2cmになる。担子器果の側面を子実層が覆い、各々の担子器は、担子胞子を2つだけ保持する。

出典[編集]

  • C.J. Alexopolous, Charles W. Mims, M. Blackwell et al., Introductory Mycology, 4th ed. (John Wiley and Sons, Hoboken NJ, 2004) 0-471-52229-5
  • McNabb R.F.R. 1965a. Taxonomic studies in the Dacrymycetaceae II. Calocera (Fries) Fries. New Zealand J. Bot. 3: 31?58.
  • Messiah.edu