ツァイトシュリフト・フュア・フィジーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ツァイトシュリフト・フュア・フィジーク』(Zeitschrift für Physik)は、1997年までドイツ物理学会によりシュプリンガー・フェアラークから出版されていた物理学学術雑誌1920年創刊。20世紀の初めには物理学で最も権威ある雑誌の一つであり、その黄金時代は量子力学の黄金時代と重なっていた。

歴史[編集]

ドイツ物理学会は1845年の創立の時から Fortschritte der PhysikVerhandlungen という雑誌を出版してきた。しかし Verhandlungen は大部になりすぎたため、1919年にアインシュタイン、Goldstein、ハーバー、Jahnke、Scheel、Westphalから成る委員会は新雑誌『ツァイトシュリフト・フュア・フィジーク』の創刊を決定した[1]。その翌年に出版が開始され、1920年代にはハイゼンベルクパウリボルンヨルダンらによる量子力学の革新的な論文が掲載された。1975年に Physics of Condensed Matter と統合され、その後、専門分野ごとに4つの雑誌に分かれた。1998年1月にフランスの Journal de Physique と統合され、後継雑誌として European Physical Journal が創刊された。

脚注[編集]

  1. ^ Zeitschrift für Physik: A Historical Reminiscence European Physical Journalウェブサイト

関連項目[編集]