チルパンシンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チルパンスィンゴ・デ・ロス・ブラボ
Chilpancingo de los Bravo
位置
チルパンシンゴの位置(メキシコ内)
チルパンシンゴ
チルパンシンゴ
チルパンシンゴ (メキシコ)
チルパンシンゴの位置(ゲレーロ州内)
チルパンシンゴ
チルパンシンゴ
チルパンシンゴ (ゲレーロ州)
行政
メキシコの旗 メキシコ
  ゲレーロ州
 Municipio チルパンスィンゴ・デ・ロス・ブラボ
人口
人口 (2010年現在)
  Municipio 187,251人
街を通過するハイウェイ

チルパンスィンゴ(Chilpancingo)は、メキシコの都市。ゲレーロ州の州都。人口は18万7251人(2010年)。正式にはチルパンスィンゴ・デ・ロス・ブラボ(Chilpancingo de los Bravo)。

概要[編集]

約90キロ南西の港湾都市アカプルコに次ぐ州内第二の規模の都市である。アカプルコとメキシコシティを結ぶハイウェイの途上に位置している。標高1200mの高原にあるため気温はアカプルコより5度くらい低い。

16世紀、スペイン人によって建てられた。1813年、ホセ・マリア・モレーロスが、この地で議会を召集して独立宣言を発した。

2022年時点では、日本の外務省は危険情報にて同市及びその周辺地域を危険度レベル3に指定している[1]。これは4段階中の3で渡航中止勧告に値し、メキシコ国内で最も危険度が高い地域となっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b メキシコの危険情報 - 外務省、2022年10月閲覧

外部リンク[編集]