チョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チョン

  • 踊り字(「」)。「丁髷・ちょんまげ」は髷が「ゝ」の形に似ている事が語源という。(『広辞苑』第4版)
  • (1).拍子木の打音。また芝居の幕切れに拍子木を打つ事から、物事の終了の意。「チョンの間」(芝居で拍子木を打って転換する幕間、またそのような短い時間、遊里での短時間の遊興)。(2).(1)と関連して、ちょっとしたもの、程度の軽いもの、少し、簡単、無造作などの意。「チョンと押す」(少し押す)、「ちょん切る」(無造作に切る)など。(『広辞苑』第4版) 関連:「チョン掛け」(釣り用語)、「ちょん掛け」(相撲の決まり手)。
  • チョン (蔑称):上記から転じて、まともでは無いもの、間の抜けたものや頭の悪い人物を嘲る言葉。1870年代明治3年頃)に書かれた『西洋道中膝栗毛』に「ばかだの、ちよんだの、野呂間だの」とある。(『広辞苑』第4版) バカチョンカメラ」の語源はこの意である。[要出典]
  • 韓国朝鮮韓国人・朝鮮人を侮蔑する言葉。
  • 韓国・朝鮮人の姓。「」「」「」などの漢字の朝鮮語読みを日本語で音写した場合、このように表示される。これに該当する姓を宗親会の資料から列挙すると、全田錢傳:()、鄭丁程:()、千天:()となる。
  • () 北朝鮮および大韓民国補助通貨で、100分の1ウォンに当る。漢字表記は「銭」。詳しくはウォンを参照。なお、韓国では現在用いられていない。
  • 中国語の姓。「」「仲」など。
  • 広東語の姓。「」「」など。