チュームーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チュームーシュギーラキー語: چۊمۊش‎, čūmūš, chūmūsh)、チャムーシュ / チョムーシュペルシア語: چموش‎, čamūš or čomūš)は、イラン北西部のカスピ海沿岸、ギーラーン州を中心に住むギーラク人英語版に特有な履物である[1][2]なめし革を変形させて作り、かかとを持たない[1]。チュームーシュは、暑いときに足を冷やし、寒いときに足を保温することを特長とする[1]。結び紐を有し脚と足の周りを閉じるようにするタイプのチュームーシュを、シェカーレ・チュームーシュと呼ぶ(ペルシア語でシェカールは「狩り」の意)[1]。美しい模様を有したギーラーン地方のチュームーシュはユネスコにより傑作性が認められ、刺繍の施されたチュームーシュ作りの技法(ラシュトの刺繍ペルシア語版)はイランの国家文化遺産のリストに登録された[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d آشنایی با هنر چموش دوزی”. بيتوته. 2017年5月12日閲覧。
  2. ^ a b رشتی دوزی و چموش دوزی هنرهای بومی استان گیلان”. باشگاه خبرنگاران جوان. young journalists club. 2017年5月12日閲覧。