チャールース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールース市の市章

チャールース(چالوس)は、イランマーザンダラーン州にある歴史の古い街の一つ。カスピ海に面した平野の中ほどに位置している。チャールースでは、タバリー・キャラーロスターク地方(طبری کلارستاقی)においてはよく知られているマーザンダラーン語が話されている[1]

歴史[編集]

チャールースという街の名前は、元来、サールース(سالوس)又はシャールース(شالوس)と呼ばれており、かつて存在したカバイラとコチャ(کبیره و کچه)という2つの小さな街の周りに発展して成立した。アッバース朝期は、カリフムウタスィムの命でムハンマド・ブン・ウワイス(محمد بن اویس)というアラブ人がアミールとしてチャールースを統治した。ムハンマド・ブン・ウワイス自身はタバリスターンの一部、ルーヤーン(رویان)という場所に住み、チャールースの実質的な統治は息子のアフマドに任せた。その後、ターヒル朝に対するシーア派の反乱が起こり、シャールース(=チャールース)をその中に含むディールマーンからジュルジャーンまでの地帯は、シーア派政権が支配するようになった。シャールースの民はシーア派に資金を提供した[2]

その後、チャールースの街はティムール朝軍の侵攻を受けて破壊され、街の規模は、何世紀もの間、小さな村程度になった。1920年代から1930年代ごろ、政府の支援を受けて、観光資源豊富な現在のチャールースの街が形成された。

チャールースに住む人々の文化と祭り[編集]

ホルミヤー祭[編集]

マーザンダラーン人の中でも特に、チャールース人の中には、ホルミヤーすなわち太陽神(ホルシード)への信仰が生きている。長雨が続くとホルミヤーに捧げる祭りを行うことがある。ホルミヤー祭を行う人々は「ホルミヤーの子孫」を意味する「ホルミヤー・タヴァール」と呼ばれる。[3]

出典[編集]

  1. ^ http://www.chalouscity.ir/HomePage.aspx?TabID=4640&site=DouranPortal&lang=fa-IR
  2. ^ عبدالحسین زرین‌کوب، روزگاران، انتشارات سخن، صص. ۳۸۲--۳۸۴.
  3. ^ http://www.chalouscity.ir/HomePage.aspx?TabID=4640&site=DouranPortal&lang=fa-IR#_ftn2