チャカルタヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャカルタヤ
Chacaltaya.JPG
チャカルタヤ山(2001年12月撮影)
標高 5,395 m
所在地 ボリビアの旗 ボリビア ラパス県
位置 南緯16度21分12秒
西経68度07分53秒
座標: 南緯16度21分12秒 西経68度07分53秒
山系 アンデス山脈レアル山群
チャカルタヤの位置(ボリビア内)
チャカルタヤ
チャカルタヤ
チャカルタヤの位置(ボリビア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

チャカルタヤ(Cerro Chacaltaya)は、ボリビアアンデスのレアル山群(Cordillera Real)にある山である。標高5,395m。

ボリビアの事実上の首都ラパスの真北、約15kmに位置する。山頂直下の海抜約5,300m付近まで自動車道(未舗装)が開通しており、スキー場[1]と、宇宙線研究所がある。また、かつては自動車道の周辺海抜5,000m近辺まで鉱山が開かれていたが、現在は閉山している。

自動車道の終点から山頂までは標高差でわずか100m足らず、しかもなだらかな山で、登山道も非常によく整備されており、ジョッギングシューズでも登頂可能である。ただし、万年雪地帯であるから、真夏でも気温は氷点下であり、降雪・積雪もあるので、防寒対策は必要である。また空気が非常に薄いのでわずか100mの登りでも大変にきつく、高山病の危険も伴う。

山頂部は3つの小ピークに分かれ、中央のピークが最高峰である。登山口から一番奥(北側)のピークに気象観測装置が設置されており、ここから足元の急斜面の下に無名の氷河湖を望める。晴天であればワイナ・ポトシも目の前である。

なお、チャカルタヤまで公共交通機関は運行していないが、ラパス市内から旅行会社の日帰りツアーで訪れることができる。

脚注[編集]

  1. ^ ギネスブックに世界最高所のスキー場として掲載されている