チャイナ・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイナ・ガール
デヴィッド・ボウイシングル
収録アルバム レッツ・ダンス
B面 シェイク・イット
リリース 1983年5月
規格 7/12インチシングル
録音 1982年12月
アバター・スタジオニューヨーク
ジャンル ポップス/ダンス・ミュージック
時間 4分14秒(シングル版)
5分33秒(アルバム版)
レーベル EMI
EA157
作詞・作曲 デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップ
プロデュース ナイル・ロジャース
デヴィッド・ボウイ シングル 年表
レッツ・ダンス
(1983)
チャイナ・ガール
(1983)
モダン・ラヴ
(1983)
レッツ・ダンス 収録曲
モダン・ラヴ
(1)
チャイナ・ガール
(2)
レッツ・ダンス
(3)
テンプレートを表示

チャイナ・ガール」(China Girl )は、デヴィッド・ボウイイギー・ポップが、ベルリンにいた頃に共同制作した曲である。

概要[編集]

1977年、イギー・ポップのアルバム『イディオット』の収録曲として、初めて世に出た。この曲は、ボウイがおもちゃのピアノを用いて作曲した。

しかし、後にポップが薬物依存症になり、破産の危機にも瀕していた。そのためボウイは、1983年にアルバム『レッツ・ダンス』でセルフ・カバー、ポップが印税の半分を得て、財政的に安定してもらうためである。

ナイル・ロジャースによるプロデュースの下、この曲にはイギー・ポップの暗くラフなバージョンよりもよりコマーシャルな要素が与えられた。

この曲はレッツ・ダンスと同じくシングル用に編集されたが、その印象的なビデオがより興味を惹き付けた。デヴィッド・マレットのクリップは主にオーストラリアメルボルンの中華街やポート・ジャクソン湾に浮かぶ船の上で撮られた。Geeling Ngが、波の上でボウイと裸で横たわっているシーン(地上より永遠にからの影響)がフィーチャーされ、ブロイド紙を賑わせた。このミュージック・ビデオは、MTVアワードを獲得している。しかし、ビデオDVD収録される際には、微妙に修正されている。

イギリスでは、シングルが1983年6月14日の1週、2位まで上昇した。ポリスの『見つめていたい』が1位を堅守していた。アメリカでは10位まで上昇した。

ボウイが行った、1980年代のライブ・レパートリーとなり、1985年に開催したロンドンでのライヴエイドでもリハーサルに使われた。しかし、『5年間』『ファスシネイション』の2曲と共にライヴでの時間的制約のため、徐々に演奏されなくなっていったが、1999年から復活した。

曲順[編集]

7": EMI America / EA 157 (UK)[編集]

  1. チャイナ・ガール [エディット] (Bowie, Pop) – 4:14
  2. シェイク・イット (Bowie) – 3:49

12": EMI America / 12EA 157 (UK)[編集]

  1. チャイナ・ガール (Bowie, Pop) – 5:32
  2. シェイク・イット [リミックス] (Bowie) – 5:07

チャート[編集]

チャート (1983年) 最高順位
オーストラリア シングル・チャート 15
オーストリア シングル・チャート 2
カナダ シングル・チャート 2
オランダ シングル・チャート 5
アイルランド シングル・チャート 2
ドイツ シングル・チャート 6
ノルウェー シングル・チャート 7
スウェーデン シングル・チャート 5
スイス シングル・チャート 1
U.K. シングル・チャート 2
アメリカ Billboard Hot 100 10
アメリカ Billboard Hot Dance Club Play 51
アメリカ Billboard Mainstream Rock Tracks 3

プロダクション・クレジット[編集]

収録アルバム[編集]

参考文献[編集]

  1. Pegg, Nicholas, The Complete David Bowie, Reynolds & Hearn Ltd, 2000, ISBN 1-903111-14-5