チオスピリルム属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チオスピリルム属
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gamma Proteobacteria
: クロマチウム目
Chromatiales
: クロマチウム科
Chromatiaceae
: チオスピリルム属
Thiospirillum
学名
Thiospirillum
Winogradsky 1888
下位分類(種)
  • T.イエネンス

チオスピリルム属グラム陰性の非芽胞形成嫌気性光合成らせん菌。何本かの極鞭毛を持ち運動性のある。クロマチウム科に属し、基準種のチオスピリルム・イエネンスのみが知られている。属名は硫黄のスピリルム属を意味する。GC含量は45.5。

バクテリオクロロフィルaを有し、光合成をおこない硫化物を還元する。またカロテノイドを有し赤みがかった色をしている。生育にはビタミンB12が必要である。


参考文献[編集]

  • Singleton & Sainsbury 『微生物学・分子生物学辞典』 (1987年)