ニコラス・ジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダークサイドから転送)
移動先: 案内検索
ニコラス・ジャー
Nicolas Jaar
生誕 (1990-01-10) 1990年1月10日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル エレクトロニック
ハウス
ディープ・ハウス
共同作業者 DARKSIDE
公式サイト nicolasjaar.net

ニコラス・ジャーNicolas Jaar1990年1月10日-)は、ニューヨーク生まれでチリ育ちのミュージシャンである。父親は芸術家のアルフレド・ジャー。17歳のときにデビュー・シングル『The Student EP』を発表。2011年のデビュー・アルバム『Space Is Only Noise』がピッチフォーク・メディアで「Best New Music」を獲得する[1]など、各音楽メディアで高い評価を得た。

2013年には、自身のバンドでもプレイしていたギタリスト、デイヴ・ハリントンと共に結成したダークサイド (DARKSIDE)による最初のアルバム『Psychic』を発表。 同作も批評家筋の間では高い評価を得、ピッチフォーク・メディアは本作に10点満点中9.0点を与え[2]、この年の年間ベストリストの11位に選んだ[3]

2013年4月に行なわれたSonar Sound 2013で初来日公演を果たした。2014年7月には、ダークサイドとしてフジロック・フェスティバルに初出場。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Space Is Only Noise (2011年)
  • Psychic (2013年、ダークサイドとしての作品)

EP[編集]

  • The Student (2008年)
  • Russian Dolls (2010年)
  • Marks & Angles (2010年)
  • Time For Us / Mi Mujer (2010年)
  • Love You Gotta Lose Again (2010年)
  • Nico's Bluewave Edits (2011年)
  • Don't Break my Love (2011年)
  • DARKSIDE EP (2011年、デイヴ・ハリントンとの共作)

脚注[編集]

  1. ^ Album Reviews: Nicolas Jaar: Space Is Only Noise”. Pitchfork (2011年2月17日). 2011年5月9日閲覧。
  2. ^ Album Reviews: Darkside: Psychic”. Pitchfork. 2014年4月12日閲覧。
  3. ^ The Top 50 Albums of 2013”. Pitchfork. 2014年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]