ダヴィド4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダヴィド4世
დავით აღმაშენებელი
グルジア
Davit Agmashenebeli.jpg
在位 1089年1125年
出生 1073年
クタイシ
死去 1125年1月24日
トビリシ
埋葬  
ゲラティ修道院
子女 デメトレ1世
王家 バグラチオン家
王朝 バグラチオン朝
父親 ギオルギ2世
母親 ヘレナ
宗教 グルジア正教会
サイン David IV signature.svg
テンプレートを表示

ダヴィド4世グルジア語: დავით აღმაშენებელი, 1073年 - 1125年1月24日)は、グルジア王国の国王である。建設王と呼ばれる。

生涯[編集]

当時、グルジア王国の首都だったクタイシで1073年頃に誕生した。バグラチオン家の一員であり、父親はグルジア国王ギオルギ2世であった。1089年、父親ギオルギ2世より王位を譲られ、16歳の時に国王になった。

治世中、長年にわたってコーカサス各地でセルジューク朝との戦いに費やす。ダヴィド4世は大幅な軍事改革などを行った。1121年8月12日にダヴィド4世率いるグルジア軍は、トビリシの西方40キロにあるディドゴルで起きたディドゴルの戦いでセルジューク・トルコ軍を撃破、決定的勝利を修めた[1]

その後、グルジア軍はコーカサスの南方に兵を進め、領域を拡大。さらに当時の主要都市アニ (現在はトルコ共和国カルス県内にあるアニ遺跡)を攻略した。また、1122年に首都をクタイシからトビリシに遷都している。

ダヴィド4世は大変に教育熱心であり、人々に教育を施した。学校や学院が多数建設され、特にゲラティアカデミーは名門であり、グルジア文化の中心地であった[2]。さらに、コンスタンティノープルに留学生を多数送り、グルジア王国の文化発展に尽力した。

ダヴィド4世は1125年1月24日に首都トビリシで死去。ゲラティ修道院に埋葬され、グルジア正教会によって列聖された。

出典[編集]

先代:
ギオルギ2世
グルジア
1089年 – 1125年
次代:
デメトレ1世