ダンベル・ウィンドミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダンベル・ウィンドミル(dumbbell windmill)はウエイトトレーニングの種目の一つ。脊柱起立筋を主に鍛える。三角筋大臀筋ハムストリングス腹直筋腹斜筋にも負荷がかかる。

動作中は常にダンベルを見るようにする。肩の筋力が不足していると不安定になる。始めは軽い重量でフォームに慣れることを優先する。

具体的動作[編集]

ダンベル・ウィンドミル[編集]

  1. 左手にダンベルを持ち、肩幅よりやや広めのスタンスで立つ。ダンベルを真上に上げ、腕を伸ばす。手のひらは前方を向く。
  2. 背中の自然なアーチを保ち、息を吐きながら上体を前傾させる。前傾と同時に上体を左向きにひねる。
  3. 右手が床に付くぐらいの位置にきたとき、手のひらは左側を向いているようにする。息を吸いながら元の姿勢に戻る。
  4. 2~3を繰り返す。反対側も同様に行う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『かっこいいカラダ the best』、ベースボールマガジン社。