ダイレクトアタッチトストレージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイレクトアタッチトストレージ: direct-attached storage、DAS)とは、ストレージネットワークを挟まずにサーバワークステーションに直接接続されるデジタルストレージシステムである。一種のレトロニムであって、SANおよびNASのようにネットワーク化されたストレージでないものを区別する用語である。

特徴[編集]

典型的DASシステムは、ホストバスアダプタ (HBA) を通してコンピュータ本体に直接接続されているデータストレージ機器である(例えばいくつかのハードディスクドライブを装備したディスクエンクロージャなど)。両者の間にネットワーク機器(ハブ、スイッチ、ルータなど)は存在せず、これがDASの特徴となっている。

DAS接続に使われる主なプロトコルとしては、ATASATASCSISASファイバーチャネルなどがある。

DAS、SAN、NAS の共通点[編集]

最近のストレージの機能の多くは、それがサーバの直接接続しているか(DAS)、ネットワーク経由か(SAN,NAS)には依存しない。

DAS機器は複数のコンピュータで共有することもでき、並行して直接アクセスできるが、複数のインタフェース(ポート)を持っている場合に限られる。このような形態はコンピュータ・クラスターに見られる。実際、SAN用ストレージ機器やNAS機器は容易にDAS機器としても使える。そのためには、それらの機器のネットワークへの接続を絶ち、直接コンピュータのポートと(1対1のケーブルで)接続すればよい。

最近のDAS機器には、SANやNASと同じように多くの面でフォールトトレラント設計を取り入れたものもある。コントローラを多重化し、冷却装置を多重化し、ストレージそのものをフォールトトレラントにしたものをRAIDと呼ぶ。一部のDASシステムはディスクアレイコントローラを内蔵しており、RAID処理をサーバのHBAから肩代わりして実行する。一般的なDAS機器にはそのような機能はない。

SANやNASと同様、データ帯域幅とアクセスレートを保ちながら、DASの容量を拡張することも可能である。

欠点[編集]

DASは "Islands of Information"(情報の島)とも呼ばれる。DASは他のサーバとデータや空き領域を共有できないという欠点がある。NASSANのアーキテクチャはこれに対処したものだが、同時に導入コストが高い、管理が難しい、セキュリティ確保が難しい、リソース使用の衝突などの別の問題を抱えている[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ SAN vs. DAS: A Cost Analysis of Storage in the Enterprise”. A Cost Analysis of Storage in the Enterprise. Capitalhead.com (2008年11月3日). 2009年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]