タルネタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タルネタント
Talnetant.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
174636-32-9 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 133090
IUPHAR/BPS 2124
ChemSpider 117450 ×
UNII CZ3T9T146K チェック
化学的データ
化学式 C25H22N2O2
分子量 382.454 g/mol
テンプレートを表示

タルネタント(Talnetant)は、グラクソ・スミスクラインが開発したニューロキニン3受容体のアンタゴニストである。主に過敏性腸症候群等の様々な機能について研究されているが、統合失調症の治療のための抗精神病薬としての利用は断念されている[1][2][3][4]

出典[編集]

  1. ^ UPDATE 1-GlaxoSmithKline prunes new drug pipeline”. Reuters (2007年10月15日). 2014年10月18日閲覧。
  2. ^ Evangelista S. Talnetant GlaxoSmithKline. Current Opinion on Investigational Drugs. 2005 Jul;6(7):717-21. PMID 16044668
  3. ^ Houghton LA, Cremonini F, Camilleri M, Busciglio I, Fell C, Cox V, Alpers DH, Dewit OE, Dukes GE, Gray E, Lea R, Zinsmeister AR, Whorwell PJ. Effect of the NK(3) receptor antagonist, talnetant, on rectal sensory function and compliance in healthy humans. Neurogastroenterology and Motility. 2007 Sep;19(9):732-43. PMID 17727393
  4. ^ Dawson LA, Cato KJ, Scott C, Watson JM, Wood MD, Foxton R, de la Flor R, Jones GA, Kew JN, Cluderay JE, Southam E, Murkitt GS, Gartlon J, Pemberton DJ, Jones DN, Davies CH, Hagan J. In Vitro and In Vivo Characterization of the Non-peptide NK(3) Receptor Antagonist SB-223412 (Talnetant): Potential Therapeutic Utility in the Treatment of Schizophrenia. Neuropsychopharmacology. 2008 Jun;33(7):1642-52. PMID 17728699