タミータイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タミータイム(英:tummy time)とは、乳幼児が起きているときに、保護者などの監督のもとで、乳幼児を腹ばいにして過ごさせること[1]。日本には決まった言い方は無く、俗に「腹ばい練習」や「首すわりの練習」などと呼称されている。「うつ伏せ練習」という俗称もあるが、これは誤解を招くため使用すべきではない(後述)。

沿革[編集]

1992年、米国小児科学会乳幼児突然死症候群を予防するために、乳幼児を仰向けに寝かせることを推奨した。しかし、そのことによって乳幼児が長時間仰向け寝の状態に置かれ、乳幼児の頭蓋変形が飛躍的に増加した[2]。そこで、乳幼児の頭蓋への持続的な外圧を低減する必要性が生じ、タミータイムが広く行われるようになった。

標語[編集]

Back to Sleep, Tummy to Play — Back to Sleep, Tummy to Play
- healthychildren.org

これは上記の沿革を踏まえたもので、「眠るときは仰向けに、遊ぶときは腹ばいに」という意味である。

効果[編集]

頭蓋変形の予防[編集]

頭蓋変形を予防することができる[3]

筋肉の発達[編集]

頭や首や肩の筋肉を発達させる[3]

発達の促進[編集]

運動能力を発達させる[3]。仰向け寝はうつ伏せ寝に比して、運動技能発達や精神発達の遅れを生じさせることも分かっている[4][5]

種類[編集]

タミータイムには、単に床に腹ばいにする以外に、次のような種類がある。

Tummy to Tummy / Tummy to Chest[編集]

横になった大人の腹や胸の上で、乳児を腹ばいにする方法[6][1]

Lap Soothe(Lap Time)[編集]

大人の膝の上で、乳児を腹ばいにする方法[1]

Tummy Down Carry[編集]

乳児を腹ばいの状態で抱っこする方法[1]

開始時期[編集]

病院から退院後すぐに開始した方がよい。

方法[編集]

乳幼児が起きているときに、保護者などの厳重な監督のもとで行う。

段階[編集]

  1. 最初のうちは、膝の上で1日2、3回、数分間腹ばいにする[3]
  2. 成長してきたら、おむつ交換やお昼寝の後に、ブランケットや床の上に腹ばいにする[3]
  3. 慣れてきたら、より頻繁にもしくはより長い時間腹ばいにする[3]

ポイント[編集]

ポイントとしては、以下のようなものがある。

  • 毎日おむつ交換の後に行うなど、ルーティーン化する。
  • 乳児の届く範囲に玩具を置いてあげる[3]
  • 乳児の前に鏡を置いてあげる。

目標[編集]

生後3、4ヶ月なら、少なくとも1日20分が目標[3]

タミータイムの代替[編集]

サイドタイム[編集]

乳児がタミータイムに耐えられなかったりタミータイムを嫌がったりする場合には、サイドタイム(英:side time)をすると良い。サイドタイムとは、乳児が起きているときに、保護者などの監督のもとで、乳児を横向きに寝かせて(英:Side Lying)過ごさせることである[7]

snuggle time / cuddle time[編集]

乳児を対面しながら直立に抱いて過ごさせる方法[8][9]。"cuddle time"は、愛着理論(英:Attachment therapy)上の意味もある。

日本における誤解[編集]

「うつ伏せ練習」という誤解を招く表現について[編集]

「うつ伏せ」は頭を下げた状態もしくは意識の無い状態を指すため、「うつ伏せ練習」という表現は赤ちゃんをうつ伏せに眠らせるという意味にとられかねない。周知の通り、うつ伏せ寝はSIDSや窒息死といった睡眠関連死を引き起こす蓋然性があるので、絶対にしてはいけない。故に、この「うつ伏せ練習」という表現の使用は厳に控えるべきである。

「欧米では赤ちゃんをうつ伏せにして眠らせる」という誤解[編集]

上記の誤解を招く一因になっているのが、欧米では赤ちゃんをうつ伏せにして眠らせる、という誤解である。たしかに、かつて欧米では赤ちゃんをうつ伏せにして眠らせていた時期もあったが、現在は乳幼児突然死症候群や窒息死などの睡眠関連死を引き起こす可能性があるので行われていない。

脚註[編集]

  1. ^ a b c d 阪下和美『正常ですで終わらせない!子どものヘルス・スーパービジョン』(東京医学社、2017/4/15、ISBN 978-4885632761)pp89‐90。
  2. ^ Laughlin, J.; Luerssen, T. G.; Dias, M. S.; Committee On Practice Ambulatory Medicine (2011). "Prevention and Management of Positional Skull Deformities in Infants". Pediatrics. 128 (6): 1236–41. doi:10.1542/peds.2011-2220. PMID 22123884.
  3. ^ a b c d e f g h "Tummy time: How much does your baby need?" - Mayo Clinicメイヨー・クリニック
  4. ^ Majnemer, Annette; Barr, Ronald G (2005). "Influence of supine sleep positioning on early motor milestone acquisition". Developmental Medicine & Child Neurology. 47 (6): 370–6; discussion 364. doi:10.1017/S0012162205000733. PMID 15934485.
  5. ^ Davis, B. E.; Moon, R. Y.; Sachs, H. C.; Ottolini, M. C. (1998). "Effects of Sleep Position on Infant Motor Development". Pediatrics. 102 (5): 1135–40. doi:10.1542/peds.102.5.1135. PMID 9794945.
  6. ^ "Tummy Time" - Pathways.org
  7. ^ "Tummy Time Activities" - healthychildren.org
  8. ^ "Babies Need Tummy Time!" - National Institutes of Health(アメリカ国立衛生研究所
  9. ^ "Tummy Time Tools" - Children's Healthcare of Atlanta(アトランタ小児病院)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

海外のサイト[編集]

簡単にまとめた記事[編集]